治療科目のページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

JR神田駅北口徒歩1分スターバックス上

 

0120-25-1839

03-3251-3921

インプラントに被せる歯の種類

インプラントは顎の骨に入れるチタンのことを言います。通常インプラントに土台をたてその土台の上に被せものをします。

インプラントの構造

被せものは、白いものや銀歯などがあります。何れにしても費用は保険が利きません。白いものや金の被せものの価格は通常の歯に入れる素材と同じ価格になります。銀の被せものは¥21,000−(税込み)かかります。

 

オールセラミック
オールセラミック

インプラントにきれいな歯を入れたい場合は、通常オールセラミックという物を入れます.

料金は¥63,000−〜となります.

インプラントにかぶせる歯に関連のBlog

2015年

3月

08日

ご存知でしょうか?インプラントにかぶせる人工の歯は保険がききません。

ご存じない方もいらっしゃるようですが,インプラントを人工歯根として使用した場合,上に入れる差し歯や入れ歯が保険外の治療となります.


インプラントは顎に入れただけでは噛めません.インプラントに人工の歯を載せる必要があります.

この人工の歯には保険がききませんので、金属を入れるとしても保険外治療となります.

前歯などは、しっかりと審美的なオールセラミックを使用すると、天然の歯の上に入れるオールセラミックと同じ料金がかかります.

続きを読む 0 コメント

2015年

2月

25日

2回法インプラントは2回オペをします。

インプラントの2次オペ
インプラントの2次オペ

歯茎が少ない場合や、骨が少ない場合やきれいにインプラントを入れたい場合は2回法インプラントを使用します。


2回法のインプラント治療は、インプラントを入れる時に歯茎でインプラントを覆いますので、インプラントが骨と結合した後、もう一度歯茎を開いてインプラントに入れる土台を入れる治療を行います.

写真では、歯茎が治るまでの期間使用する土台が入っています.この上に仮歯がはいります。

 

1ヶ月程待って歯茎が落ち着き次第、インプラントの上に歯を入れます。その間は白い仮歯が入ります。


インプラントに入れる差し歯は上部構造と言っておりますが、上部構造に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

インプラントの上部構造のページ

 

インプラントの土台の上には歯を入れます。奥歯なら銀でも良いと言う方はコストを抑える事ができます。白い歯にしたい場合は種類がございます。歯の部分をインプラントの上部構造と呼んでいます。上のリンクページにインプラントの上部構造のご説明を行っています。ご参考になさってください。


また、ただいまインプラント治療を希望される方に無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングは御予約制となっております。ご予約をお取りになってからご来院ください。

続きを読む 0 コメント

2015年

1月

04日

インプラント義歯は義歯を快適にします.

入れ歯が合わなくてはずれやすい方や、入れ歯の歯茎が気になってしまう方はより快適な入れ歯を使用する事ができる方法があります.

 

インプラント義歯という方法です。通常、インプラント治療は抜いた歯の本数に近い本数のインプラントを使用しますので、治療期間も長くなり、高額な上、お掃除が大変という問題もありました.

 

インプラント義歯は、少ない本数のインプラントを使用して、入れ歯を安定させる方法です.インプラント義歯を使用する事で入れ歯の歯茎の部分の厚みを減らす事が可能になります.例えば上あごに使用する入れ歯は歯の裏側を覆わない馬蹄形の入れ歯を使用する事も可能となります.(噛む力が強い方は補強が必要な場合もありますが、かなり薄く部分的な補強で済みます.)

 

インプラント義歯を使用する事で、従来の入れ歯の話しにくさを解消しますし,インプラントブリッジでは歯茎の回復をできませんでしたが,インプラント義歯では歯茎を入れ歯で回復する事が可能になります.インプラントブリッジではインプラントの上に入れている義歯の間に物が挟まってしまいますが,インプラント義歯では挟まりにくくなります.

 

インプラント義歯で快適な生活を送れます.


インプラント義歯に関しての詳しい内容は下記のリンクページに詳しく紹介させていただいております。ご興味のある方は下記のリンクをクリックしてご覧ください。

 

インプラント義歯のページ

続きを読む 0 コメント

2014年

12月

05日

60歳以上の方におすすめのインプラント

歯がなくなって入れ歯が合わない場合しょうがないからインプラントをしようと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

インプラントを入れるにしても無い歯の本数のインプラントを入れると28本のインプラントが最大で必要になってしまいます。もちろんそんなにインプラントをすることは少ないですが、上下8本ずつで16本程のインプラントをすることが多いのではないでしょうか。

 

インプラントに抵抗のある方は、最低限の本数のインプラントを使用してしっかりと咬めるようにすることを目的にする方法の方が良いと考えられるかもしれません。

 

インプラントオーバーデンチャーという方法は上下2〜4本のインプラントを使用して入れ歯を安定させる方法です。

 

入れ歯が動かないようにインプラントでしっかりと固定します。

 

インプラントオーバーデンチャーは費用も格段に安くできます。インプラントを行う前に一度検討されてはいかがでしょうか

 

インプラントオーバーデンチャー

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921

続きを読む 0 コメント

2014年

11月

29日

インプラントは入れ歯に代わる人工の歯です。

口腔環境に対する意識の改善にもかかわらず、何百万もの日本人は、歯に損失が出ます ― 大部分は虫歯、歯肉炎(歯肉病)または事故により。長年、欠如した歯の人々が利用できる唯一の治療の選択肢は、ブリッジと総入れ歯でした。しかし、今日、インプラントを利用できます。

 

インプラントは利点の多い治療法です。

最近、日本ではインプラントの事件などもあり、インプラントに疑問を持たれている方もいらっしゃいますが、通常にインプラントを行う場合は、非常に有効な治療と言えます。世界的に多くのインプラント治療が行われています。

 

インプラントの利点のページ

 

インプラントの応用範囲は広がってきており、入れ歯を安定させるインプラントなど、費用的に安くすむ方法や、審美的なインプラント治療を行うことも可能になってきています。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921

0 コメント