治療科目のページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

JR神田駅北口徒歩1分スターバックス上

 

0120-25-1839

03-3251-3921

アルファタイトインプラントについて         (株)ケンテック

ケンテックHPより

アルファタイトインプラントの概要

患者様にはインプラントを出来るだけ長く使って頂きたい。この思いを実現するためにアルファタイトインプラントは開発されました。インプラントボディ・アバットメント・ネジの破折が無いよう徹底的にこだわっています。世界最高レベルのオッセオインテグレーションを有し、長期安定な嵌合形態を持ち、コストパフォーマンスに優れた新しい時代のインプラントです。

  • SS-Type(1回法2ピース)、SB-Type、F-Type、TF-Type(2回法2ピース)の4つのタイプをラインナップ
  • 純チタン製のアバットメントをチタン合金製の中ネジで締め込みます。中ネジに頼ることなく、アバットメントが楔的に打込まれる事で強固に固定されます。
  • Fタイプインプラントは、長期の咬合において、できるだけロート状の骨吸収が起きないように設計されたインプラントです。審美的な要求に応えると共にプラットフォームシフティングタイプのアバットメントで骨を保護します。
  • 埋入径3.3、3.7、4.0、4.6、5.0㎜・埋入長8,10、12、14㎜の組合せで用意されています。嵌合形態は埋入径により専用設計されており、機械的強度を重視しています。
  • クローズトレーでのフィクスチャーレベル・トランスファーを基本にしています。

長期咬合に耐える、安定した嵌合システム

ダブルモース嵌合

アルファタイトインプラントは長期咬合に耐える、安定した嵌合システムが最大の特徴です。アバットメントとの嵌合部分に上から5°モーステーパー部、インターナル6角部、茶筒嵌合部を持ち、DM(ダブルモース)と呼ぶ嵌合形態を持っています。

この嵌合は、モーステーパー部で咬合圧を受け取ると同時にマイクロムーブメントを抑え、独立した精度の高いインターナルHEX部で回転防止機能を持たせ、茶筒嵌合部で側方圧に対するズレを軽減する事を目的としています。

一度、手にとって頂くと吸い付くような嵌合状態を実感できます。

広く臨床応用されている表面構造

インプラントの骨内表面

アルファタイトインプラントの骨内表面は、最終的にリン酸カルシウムを主原料としたセラミクス研掃材でブラスト処理を施した後、可能な限り物理的方法で研掃材の残渣を除去しています。

ブラスト処理によりチタン表面を粗面にした表面構造を持つインプラントは、広く臨床応用されています。安定したインテグレーションを早期に獲得する為に独自の工夫を重ねています。

極めて高い骨接触率

粗面にした清掃度の高いチタン表面をむき出しにして、骨とのアンカリング効果を上げることが目的ですが、アルファタイトインプラントの場合、表面の粗さRaをおよそ15ミクロン程度にしています。組織標本からも極めて高い骨接触率を持つことが明らかになっています。

フィクスチャー骨内表面

ヒト下顎の組織標本(7年5ヶ月後)

ヒト上顎の組織標本(6年2ヶ月後)

歯肉貫通部は骨内に位置しても問題のないフラットな表面

メタルスレッド

フィクスチャーの歯肉貫通部は、清浄性を考え鏡面に近い方が良いのか、あるいは骨内に位置する場合も考え、マイクロスレッドのような構造が良いのか。これまで色々議論されてきました。

アルファタイトインプラントでは、メタルスレッドと呼ばれるマシンドサーフェースを採用しています。凸凹約30ミクロンの一定な旋盤目で表面形成を行い、骨内に位置しても、歯肉貫通部に位置しても問題のない比較的フラットな表面です。