治療科目のページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

JR神田駅北口徒歩1分スターバックス上

 

0120-25-1839

03-3251-3921

歯を抜いた後のインプラントまでの流れ

歯を抜く原因によってインプラントまでの流れが変わります.

 

基本的にインプラントの時期は、歯の周りの骨の状態によって判断します。歯周病で周りの骨が大きく吸収してしまった場合、歯茎の治りを半年ほど待って骨を作ってインプラントを入れます。

 

歯を抜く前にCTを撮影して歯を支える周囲の骨の状況を確認します。周囲の骨がない場合は抜いて3ヶ月待って歯茎が落ち着いた段階で骨を作るGBR法を行うか、骨の高さがある場合は深めにインプラントをいれます。

 

周りの骨がある場合はそのままインプラントを入れます。

すでに歯を抜いてから時間が経っている方はすぐにインプラントが可能です。

歯を抜いてから6ヶ月以上経過している方は,すぐにでもインプラントを行う事が可能です。

 

歯を抜いた後の顎の骨の変化が一段落して落ち着いていると考えられます。

 

骨が無い場合は,増骨法を行う場合もあります。増骨と同時にインプラントを入れられるか、増骨のみを行うかは骨の状態によりますので,ご確認ください。

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921

インプラントの時期に関するブログ

2017年

9月

24日

インプラント中に引っ越し!?

インプラント治療中に引っ越しになってしまった。


と言った御相談をお受けする事があります。料金の問題はインプラントを濃なった病院とのお話し合いとなるかと思いますが,インプラントの治療の途中からの引き継ぎに関しましても困った問題です.


よくインプラント治療で問題になるのが、インプラントの人工歯根を入れた後に転勤になってしまう場合です.

 

料金的な問題でよくお話を伺うのが、総額の費用を既に支払ってしまい返金の話をしなくては行けないと言う問題です.通常2回法インプラント治療は3つの部品にそれぞれ料金が決まっています.それをわかりにくいからという理由でトータル料金といって料金を設定している歯科医院があります.(しかも前払い)こういった場合,途中で転勤などで同じ歯科医院で治療ができなくなった場合、土台や差し歯の治療費を新しい歯科医院で再度支払わなくてはいけなくなってしまいます.

 

どういう事かというと、2回法のインプラントは3つの部品(人工歯根、土台、差し歯)を入れるまでに治癒期間(場合によっては1年近くかかる場合もあります.)をかける必要があるため、治療中に引っ越しなど同じ歯科医院に通えなくなってしまう事があります.そのため、人工歯根の埋め込みの治療をやった医院と土台、差し歯を入れる医院がちがうという事は普通にあります.

 

料金を総額でお支払いになった場合は、土台の料金,差し歯の料金が設定されていないため、返ってこないリスクがあります.そのため、2回法インプラント(1回法のインプラントでも)それぞれの処置ごとに(3回)に分けて料金を設定しお支払いになる事をお勧めしております.


引っ越しの可能性のある方はあまり高いインプラントをしない方が良いかもしれません.


また、治療の引き継ぎに関しましても、インプラントの状態や噛み合わせの状態、歯周病の状態などで保証の問題から引き継げない場合もあります。


2回法インプラントに関しましては、下記のリンクページに詳しい内容をご説明させて頂いております.

 

2回法インプラントのページ

続きを読む 0 コメント

2017年

9月

24日

2回法インプラントを格安料金で

2回法インプラントを格安料金で。


と言う事で2回法インプラントを行っておりますが、大学病院の半額以下のお値段のため、本当に大丈夫なのか?と言うご質問をいただく事もあります.


確かに,医療品ですので、安いのは問題があるのでは?と思いたくなってしまうかもしれません.しかし、その不安は全く根拠がありません.例えば医療用のハサミが何万円もするものもあるのをご存知でしょうか?単に外科の時に糸を切るだけのハサミです.


もちろん、当院ではそのようなハサミで経費を無駄に使う事はありませんが,医療用と言う事で恐ろしく高い価格で商品を販売しているメーカーもあります.(アパレルのブランド品と同じです.)


当院では、日常生活に必要なインプラントを通常価格で普通に使って頂きたいと考えていますので、通常の歯科材料と同じ、材料費が10%程になるように料金を設定させて頂いております.


実は、通常の料金設定で格安料金となってしまうのがインプラント価格の現状かもしれません.


続きを読む 0 コメント

2017年

9月

18日

インプラントは年々改良されてきています。

安心してください。イプラントは年々安く安定したものに改良されてきています。

 

昔インプラントができないと言われた方も今のインプラントなら問題なくできるかもしれません。

 

インプラントの形は年々身体になじみやすいように改良されていきます.インプラントは世界的にかなり大量に使用されているため、開発費用もかけられる分野なのかと思います。何十年も前のインプラントと現在のインプラントではだいぶ形が変わって来ています.

 

また、最近では2回法インプラントの周囲に炎症がおきにくいあるいは、骨の吸収が少ない形のインプラントが主流になってきています.インプラントの研究も非常に集中的に研究されている分野ですので年々新しい事が見つかって来ています.

 

インプラントとインプラントにつける土台の部分の結合部分には骨や歯茎に対して親和性のあるタイプのインプラントが開発されて販売されるようになってきました。

 

このように、インプラントの構造は少しずつ変わってきています。インプラントの反応を見ながら少しずつ変化してきています。

 

インプラントの周りにしっかりと骨が食い込んでインプラントの周囲を支えるタイプのインプラントが丈夫であるのは確実なので、インプラントを利用される方には良い方向にインプラントの構造が変わってきていると言えるかと思います.

 

インプラントの構造の一般的な説明は下記のリンクページに記載させて頂いております.インプラントの事があまり良くわからない方はクリックしてご覧ください.

 

インプラントの構造のページ

続きを読む 0 コメント

2017年

9月

17日

インプラント治療って昔は大手術でした

10年以上前に顎の骨がない部分に骨を作ってインプラントをされた方は、ご存知だと思いますが、非常に大変な治療でした。

 

今から何十年も前、上あごの奥歯に骨がない場合は、大手術を行って骨を作っていました。

 

全身麻酔下で腰の骨を採取して上あごの骨のないところに骨を作る手術を行っていたこともあります。骨を作って10ミリほどのインプラントを入れるのに大手術を行っていました。

 

現在では、上あごのインプラントを行う場合、骨のない部分に骨を作るのは60分ほどの部分麻酔の治療で終わるようになりました。

 

現在行われている、上あごの骨の無い時に鼻の奥の空洞に骨を作る方法にソケットリフトという方法があります.骨を作って上で2回法インプラントを行うか骨を作るのと同時に2回法インプラントを入れます。

 

比較的用容易にあごの骨が作れる処置ですのでよく行います.

 

ソケットリフトを行う場合、治療後に鼻をかんだりして圧をかけないように注意する必要があります.花粉症の季節などでもくしゃみを我慢して息をこらえることはしないようにしていただきます.圧がかかるとインプラントのつきが悪くなる可能性があります.

 

ソケットリフト法のことに興味のある方は下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

ソケットリフトのページ

 

通常一般的に、ソケットリフトを行うケースでは2回法のインプラントを使用します.骨を作る方法を行う場合は歯茎の内部にインプラントを覆うようにする必要がある事が多いためです.

 

インプラント治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。多くの医院ではいまだにカウンセリング料が有料で数千円から高いところで10万円近くかかってしまっていますが、病院選びをされている方にとってはお金の面でもご負担になるかと思います。当院では多くの方に骨のない時のインプラント治療の恩恵を受けていただきたいので、無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングでは、パノラマレントゲンの撮影とカウンセリングを無料にて行っております。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03−3251−3921

続きを読む 0 コメント

2017年

9月

13日

ソケットリフト法で骨のないところにインプラントを行います.

骨がないからインプラントができないということは昔の話になりつつあります。

 

骨の無い場合は、骨を作ってインプラントを入れます.もちろん2回法インプラントを使用する必要があります.

 

上の歯の奥歯にインプラントを入れるとき、顎の骨がない場合骨を作る必要があります。副鼻腔、あるいは上顎洞と言われている骨の空洞に骨を作ってインプラントを行います.通常歯を抜いた後顎の骨が吸収して骨が無くなります.特に上あごの骨は吸収を起こしやすくインプラントを行うために十分の骨が無くなってしまう場合があります.

 

上あごの骨が無くなった場合に、骨を作ってインプラントを行う方法の一つにソケットリフト法と言う方法があります.

 

ソケットリフト法は骨を作る方法の一つです。この方法の利点は腫れが少ないということです。他の骨を作る方法ははれることが多いのですが、ソケットリフト法は腫れが少ないのです。

 

そのため、骨がない場合でも簡単にインプラントをすることができます。

 

ソケットリフト法に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.

 

ソケットリフト法

 

ただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。

 

通常、保険外診療を行っている歯科医院ではカウンセリング料が5千円〜高いところで10万円ほどの費用がかかります。当院では、なるべく多くの方に骨のない時のイプラント治療を受けていただきたいので、気軽にカウンセリングを受けられるようカウンセリング料を無料とさせていただいております。(ただいま混雑しており先まで予約を取れない場合もございますので、なるべくお早めにご予約をお取りになることをお勧めしております。)

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

03−3251−3921

 

 

続きを読む 0 コメント