歯を抜いた後のインプラントまでの流れ

歯を抜く原因によってインプラントまでの流れが変わります.

 

基本的にインプラントの時期は、歯の周りの骨の状態によって判断します。歯周病で周りの骨が大きく吸収してしまった場合、歯茎の治りを半年ほど待って骨を作ってインプラントを入れます。

 

歯を抜く前にCTを撮影して歯を支える周囲の骨の状況を確認します。周囲の骨がない場合は抜いて3ヶ月待って歯茎が落ち着いた段階で骨を作るGBR法を行うか、骨の高さがある場合は深めにインプラントをいれます。

 

周りの骨がある場合はそのままインプラントを入れます。


すでに歯を抜いてから時間が経っている方はすぐにインプラントが可能です。

歯を抜いてから6ヶ月以上経過している方は,すぐにでもインプラントを行う事が可能です。

 

歯を抜いた後の顎の骨の変化が一段落して落ち着いていると考えられます。

 

骨が無い場合は,増骨法を行う場合もあります。増骨と同時にインプラントを入れられるか、増骨のみを行うかは骨の状態によりますので,ご確認ください。


お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921


インプラントの時期に関するブログ

2回法インプラントも年々変化します.

2回法のインプラントの構造も徐々に変化しております.


続きを読む

インプラントの適正価格はいくらでしょうか?

インプラントの相場や適正価格はいくらくらいなのでしょうか?

続きを読む

いま危険なお薬。骨粗鬆症の薬

インプラント治療を行う上で、危険なお薬があります.お薬の使用状況によっては内科の先生にインプラントが可能か確認して頂く場合もございます.


安全にインプラント治療を行うためにもお薬の御確認は重要になります。

続きを読む

国産の2回法インプラント

多くのメーカーのインプラント(外国のメーカーのものでも)の製造は国内で行われています.そのため国産の部品を使用した、国内メーカーのインプラント、国産の部品を使用した海外メーカーのインプラントと呼んだ方が良いのかもしれません。

続きを読む

骨がなくて諦めていたインプラントが可能な場合があります。

入れ歯が合わなくてインプラントにしようと思っていたのに、骨がないからインプラントができないと言われてしまっていた方には朗報かもしれません。

 

骨がなくなってしまった部分に骨を作る技術が再生材料の改良によって比較的容易に行うことが可能になってきました。骨の厚み、高さがない場合に、骨を作成してインプラントを行うことが多くなってきています。

続きを読む