治療科目のページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

JR神田駅北口徒歩1分スターバックス上

 

0120-25-1839

03-3251-3921

注意するお薬

インプラント治療をする際に注意しておく必要のある薬があります.基本的にインプラント治療は、親知らずを抜く時と同じようにように外科的な処置が可能であれば大丈夫です.

 

お薬を内服している場合や、歯科治療の途中で内服するようになった場合は必ずお伝えください.

 

また、アレルギーの既往(経験したこと)のあるお薬は必ずお伝えください。

 

 

特に注意をするお薬

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921

インプラント時に注意するお薬に関するBlog

2017年

6月

07日

いま危険なお薬。骨粗鬆症の薬

インプラント治療を行う上で、危険なお薬があります.お薬の使用状況によっては内科の先生にインプラントが可能か確認して頂く場合もございます.


安全にインプラント治療を行うためにもお薬の御確認は重要になります。

骨粗鬆症の薬は注意です.

骨粗鬆症の薬に、ビスフォスフォネート系薬剤というものがあります。この薬が、近年あごの骨を壊死させるきっかけになるとして注目されています。

 

特にこの薬を長く使用されている方の歯の治療は気をつける必要があります。インプラントを含めた外科処置、口内炎、合わない入れ歯などが容易注意です。

 

日本では多くの方が使用されていますので、インプラントや、親知らずの抜歯など外科的な処置を行う場合、あらかじめおつたえください。

 

骨壊死は起こってしまうと非常に治療が大変なことになります。そのため、骨粗鬆症のためのカルシウム剤を使用している方、あるいは治療中に服用し始めたという方もしっかりとお伝えください。

 

その他お薬の注意

 

インプラント治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上      JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

03−3251−3921

0120−25−1839

0 コメント

2017年

4月

24日

インプラント治療後に処方するお薬について

インプラント治療後には通常、痛み止めと抗生剤を処方します。そのため、他の飲み薬を飲まれている方や、お薬のアレルギーのある方はあらかじめ問診票に記載いただく必要もありますし、インプラントを行う際にも確認して下さい。

インプラント治療は、外科的な処置ですので、通常感染予防に抗生剤、痛み止め、うがい薬を治療後にお渡ししております.

 

インプラント治療後には歯茎を糸で縫うことが多いので、歯ブラシをしていただかないようにうがい薬をお渡しします。また、抗生剤、痛み止めをお渡しします。

アレルギーをお持ちの方、最近アレルギーが出始めた方、あらかじめその旨お伝えください。

インプラント治療後のお薬は歯を抜いた時と同じもので大丈夫です。歯を抜いた時のお薬を覚えていましたらお伝え下さい。

 

通常インプラント治療後の抗生剤はセフェム系のジェネリック薬品をお出ししております。また,痛み止めはボルタレンのジェネリック薬品をお出ししております。

 

アスピリン喘息の方は痛み止めをタイレノールに変更してお出ししております。アスピリン喘息の場合は必ずお申し付けください。


注意するお薬に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

注意するお薬

 

インプラント治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.無料カウンセリングは御予約制とさせて頂きます.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

03−3251−3921

0120−25−1839

0 コメント

2015年

3月

18日

インプラントブログ インプラント後のお薬の注意

インプラント治療は、外科的な処置ですので、通常感染予防に抗生剤、痛み止め、うがい薬を治療後にお渡ししております.

 

インプラント治療後には歯茎を糸で縫うことが多いので、歯ブラシをしていただかないようにうがい薬をお渡しします。また、抗生剤、痛み止めをお渡しします。

アレルギーをお持ちの方、最近アレルギーが出始めた方、あらかじめその旨お伝えください。

インプラント治療後のお薬は歯を抜いた時と同じもので大丈夫です。歯を抜いた時のお薬を覚えていましたらお伝え下さい。

 

通常インプラント治療後の抗生剤はセフェム系のジェネリック薬品をお出ししております。また,痛み止めはボルタレンのジェネリック薬品をお出ししております。

 

アスピリン喘息の方は痛み止めをタイレノールに変更してお出ししております。アスピリン喘息の場合は必ずお申し付けください。


注意するお薬に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させて頂いております.クリックしてご覧ください.

 

注意するお薬

 

インプラント治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.無料カウンセリングは御予約制とさせて頂きます.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

03−3251−3921

0120−25−1839

0 コメント

2015年

3月

10日

インプラントの治療前にすること

あなたのインプラントが失敗する原因は歯茎の炎症かもしれません。


インプラント治療前にインプラントの隣の歯に歯の神経の炎症や、根っこの先にうみがたまっていないかをしっかりと確認する必要があります.

 

インプラントが、隣の歯の炎症や膿の部分に接触して感染してしまう事があります.隣の歯に問題がある場合は、しっかりと治療を行ってからインプラント治療を行います.

 

インプラント部分に周囲の歯の炎症が接触してしまうとインプラント部分に感染を起こしてしまうと考えられるためです。

 

歯周病の方もインプラント前に炎症の無い状態にします.歯茎が腫れてしまっていたり、膿が出ている歯の横にインプラントを入れるのは無謀です。どんなにお急ぎでもお勧めしません。

 

インプラントの安全性のページ

 

インプラント治療を行う前に治療プランを確認して、総額の治療費がどれくらいかかるのかお見積もりをもらう必要があります。インプラント治療の場合,治療費が高額になるのと、歯周病の方の場合,歯周病の治療を含めたお見積もりがあるかを確認された方が良いでしょう。歯周病が進行してしまった場合は保険の歯石取りなどでは治らない場合がほとんどですので、歯周病の治療をしているかの確認をしてください。

 

インプラント治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。無料カウンセリングはご予約制となります。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03-3251-3921

0120−25−1839

0 コメント

2015年

3月

06日

歯周病が進行している方がインプラントを入れる事は正解でしょうか?

インプラントが悪くなる原因のほとんどは歯周病と言ってよいと思います。


お口の中の一部に歯周病が進行して残っている場合、インプラントの炎症が起こりやすくなることが知られています。

 

インプラント周囲炎というインプラントの歯周病はお口の中に歯周病の炎症があると起こりやすくなるために、インプラント前、後に残っている歯を含めて歯周病の治療を行う必要があります。特にインプラントの周囲の歯ブラシが難しい場合は歯周病が残っている方の場合炎症を起こしやすくなってしまいます。

 

歯周病が進行していて、しっかりと歯茎の中の歯石を完全に取り除かない状態は歯茎の炎症が続いている状態になります.麻酔をして歯石を取り除いた経験のない方は歯周病が残っている可能性が高く、歯周病によってインプラントを含めて天然の歯が抜けてしまう可能性が高くなります。

 

インプラントをする周囲の残っている歯に炎症が起きている状態でインプラントを行う事は、インプラントの料金を無駄にする覚悟で行う必要があります.

 

インプラントをしばらくしてやり直すとなると増骨手術なども必要になりますのでセラミックの歯の料金も入れて50万程かかるのではないでしょうか?お金もかかるし、やり直しのインプラントは腫れるし、期間がかかるし良い事はありません.

 

インプラントを行う前に歯周病の治療を行いましょう。インプラントと歯周病に関しては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

インプラントと歯周病のページ

また、インプラント治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

0 コメント

2014年

12月

14日

骨粗鬆症の薬とインプラントに注意

骨粗鬆症の薬に、ビスフォスフォネート系薬剤というものがあります。この薬が、近年あごの骨を壊死させるきっかけになるとして注目されています。

 

特にこの薬を長く使用されている方の歯の治療は気をつける必要があります。インプラントを含めた外科処置、口内炎、合わない入れ歯などが容易注意です。

 

日本では多くの方が使用されていますので、インプラントや、親知らずの抜歯など外科的な処置を行う場合、あらかじめおつたえください。

 

骨壊死は起こってしまうと非常に治療が大変なことになります。そのため、骨粗鬆症のためのカルシウム剤を使用している方、あるいは治療中に服用し始めたという方もしっかりとお伝えください。

 

その他お薬の注意

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

0 コメント