治療科目のページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

JR神田駅北口徒歩1分スターバックス上

 

0120-25-1839

03-3251-3921

入れ歯だと話しにくい場合があります。

入れ歯だと発音が聞こえにくくなる場合があります。


特に上の歯の入れ歯の厚みが厚い場合や合っていない場合に発音が聞こえにくくなります。


厚みの薄い入れ歯は入れ歯の内側が金属の入れ歯にするか、インプラントを数本入れたインプラントオーバーデンチャーにすることで、上の入れ歯の内側のベロが当たる部分の厚みを薄くして発音しやすくなります。

インプラントで発音しやすくなる?

入れ歯を使用している方の話が聞こえにくい場合があります。これは、人工の歯茎が厚いため、発音の際に下が入れ歯の歯茎にぶつかって舌ったらずな感じに聞こえてしまうなどの事があります。

 

また、入れ歯が動いてしまう場合はより発音しにくくなります。入れ歯を抑えるように筋肉を動かしながら発音をするため通常よりほっぺたに緊張した状態のぼそぼそした発音になります。

インプラントを使用する事で改善されたスピーチが期待できます。

 

貧しいフィットの総入れ歯で、あなたにブツブツ言うか、あなたのことばをいい加減にさせている口の範囲内で、歯はすべることができます。インプラントによって、歯がすべり込ませるかもしれない心配なしで話すことができます。

 

また、入れ歯の場合、厚みがあり、しゃべるときにべろにあたってしまって発音しにくい場合があります。インプラントを入れることで入れ歯の厚みを薄くすることが可能になります。

 

また、入れ歯のように浮いたり外れたりして話しにくくなることはありません。

 

インプラントを行った場合,天然の歯が生えたのと同じような感じて発音できる場合が多いです。

 

もちろん、骨の吸収が多い場合は、歯茎も減ってしまっており、歯茎に隙間ができてしまったりする不都合が出てしまう事もあります。インプラント治療前に確認する必要があります。

 

インプラント

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03-3251-3921

0120-25-1839