治療科目のページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

JR神田駅北口徒歩1分スターバックス上

 

0120-25-1839

03-3251-3921

2017年

1月

30日

抜歯即時インプラントが難しいケース

歯を抜く場合の多くは歯が炎症を起こしています.歯の周囲の骨が吸収しておりますので、安易に歯を抜くと骨が無くなってしまい,その後インプラントを行うのが非常に難しくなります.


炎症を起こしてしまっているケースは炎症を引かせてから歯を慎重に抜いていきます.根っこの先の炎症が大きい場合は、あらかじめ歯の根っこの内部の消毒を行って落ち着いてから歯を抜く事もあります.

歯の周囲の骨が無くなってしまっているケース

歯のひび
歯のひび

歯にひびが歯の根っこの先端まで入ってしまって歯の周囲の骨が吸収してしまった場合は、歯を抜かざるを得ません.こういった歯を残せないケースで両隣の歯が天然の歯の場合,ブリッジ治療を行うより、インプラント治療の方がおすすめです.天然の歯を削らずに済むと言う事と、食いしばりが強いので、前後の歯も噛む力の負担で悪くなってしまう可能性があるためです.

 

1本だけ歯が無いだけなので部分入れ歯でも良いとは思いますが,金属が目立つタイプの部分入れ歯では目立ってしまいますのでお勧めしません.部分入れ歯を行う場合は保険外治療となりますが,金属を使用しないタイプの部分入れ歯をお勧めします.ただ、部分入れ歯は噛む力をしっかりと支えられないと言う欠点もあります.

 

理想的にはインプラント治療がおすすめです.

 

歯を抜かずに残せる場合の治療ページ


インプラント治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております.無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.無料カウンセリングは御予約制とさせて頂いております.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921