治療科目のページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

JR神田駅北口徒歩1分スターバックス上

 

0120-25-1839

03-3251-3921

虫歯でボロボロでもインプラントにならないように

虫歯で歯がボロボロと言う方は近年少なくなっておりますが,歯医者嫌いがひどい方などは、虫歯の穴を放置していてかなり大きな虫歯の穴になってしまっていたりする事があります.


多数の歯が虫歯の穴があいている歯がボロボロの状態の方でもすべてを抜いてしまう必要があるわけでもありません.抜いて歯の無い部分にインプラントを入れる必要がない場合もあります.


歯がボロボロの場合でも歯を抜かない歯科治療をまずは検討されると良いと思います.


どうしても残せない場合はインプラント治療も一つの選択しになるかもしれません.

虫歯でボロボロとは?

歯を抜いてインプラントしかないとあきらめる前に
歯を抜いてインプラントしかないとあきらめる前に

虫歯が進行して、歯が歯ぐきの中に潜ってしまうくらいの虫歯になってしまっている・・・という歯をしばしばお見かけします.

 

歯茎の中まで虫歯になってしまった段階になって、やっと歯科治療をする気になったとしても、すべてがもう手遅れと言う事ではありません.(放置するともっと悪くなります)この段階で治療する気になってよかったと考えてよいと思います.早ければ早い程良いので、歯に穴があいたら出来るだけ早めに治療を始められる事をお勧めします.もちろん手遅れと言う事もあります.

 

例えばお写真の歯のように歯ぐきの中に潜ってしまって歯が見えなくなっている場合でも、抜いてインプラントを入れる必要がない場合もあります.歯の根っこの健全な部分が歯の内部に十分残っている場合は、歯を抜かずに残せる可能性があります.

 

まずは、歯を抜いてインプラントとあきらめる前に歯を残す治療をご検討される事をお勧めしております.

 

インプラントにならない歯科治療のページ