治療科目のページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

JR神田駅北口徒歩1分スターバックス上

 

0120-25-1839

03-3251-3921

2017年

2月

22日

奥歯の根っこが折れてしまった場合の治療方法について

奥歯の根っこが部分的に折れてしまった場合,歯を半分だけ抜いて残った半分と隣の歯をブリッジでつなげる方法か、インプラント治療か、入れ歯か・・・など選択肢がいろいろあります.


どの治療方法を選択するかの基準を説明いたします.


まず、歯の根っこが完全に折れてしまっている場合,歯の根っこを抜ク必要があります.下の奥歯の場合,太い2本の根っこがありますので、折れてしまっている側の1本だけを抜くと言う方法があります.ヘミセクションと言われている抜歯方法です.


この方法を行う場合,歯を抜いた隙間をブリッジで埋めます.つまり、残った根っこと歯を抜いた部分の隣の歯でブリッジを作成します.

歯を半分でも残せてご自身の歯が使えると言うメリットがある反面、隣の歯を削る事になりますし、料金がブリッジ(3本分の歯の料金)が買ってしまいますので、通常より高くなると言うデメリットもあります.また、歯が折れる原因にもよりますが,残っている歯の根っこが弱ってしまっている場合は何年かごに歯の根っこが折れてしまう可能性はあります.くいしばりの強い方などはあまりお勧めできないかもしれません.


歯を抜いてインプラントを行う場合、半分だけ抜くのではなく、2本とも根っこを抜いてインプラント治療を行う事になります.先ほどのブリッジ治療をセラミックで行った場合に比べて、当院のようにインプラント価格のやすい病院ではインプラント治療の方が価格的にやすくなります.インプラント治療に関しましては、インプラントが折れてしまう事はあまりおこりませんので、予後が安定しやすいという事がメリットとなります.


インプラントの格安料金に関しましては下記のリンクページに記載させて頂いておりますので、参考になさってください.


インプラントの格安料金のページ


また、インプラント治療を希望される方は、ただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングは御予約制とさせて頂いております.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバック上

JR神田駅北口より徒歩1分

0120−25−1839

03−3251−3921