治療科目のページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

JR神田駅北口徒歩1分スターバックス上

 

0120-25-1839

03-3251-3921

インプラントBlog ソケットリフト法は骨のないときのインプラントに必要です。

薄い骨を厚くする治療方法のご紹介です.

 

10年ほど前だと、上顎の奥歯に骨がない場合は、入院して腰の骨を移植するとか、あるいはインプラントはできないと言われてしまっていたかとおもいますが、骨を再生させる技術が年々改善されてきていますので、それほどおおごとな処置をしなくても骨を再生させることができるようになってきました。

 

今回ご紹介するソケットリフト方は、お痛みの少ない簡単な骨の再生治療法のひとつです。

 

上あごの骨が薄くてそのままではインプラントを入れる事が出来ない場合があります.そういった場合は骨を厚くする治療方法を行ってからインプラント治療を行います.

 

上あごの骨が少ない場合、骨を鼻の穴の中に作る方法を行います。その方法の一つにソケットリフト法があります。

 

ソケットリフト法を行う場合、歯科用のCTを撮影して厚みが4ミリ以上あれば骨を作るのと同時にインプラントも入れています。骨は人工の骨を入れます。4ミリの骨の厚みがない場合は2回法と言っていったん骨だけを入れて作って6か月ほどして骨が出来てからインプラントを入れる方法を行います。

 

ソケットリフト後の治療の流れですが、通常インプラントを歯茎の中に埋めてから2ヶ月から4ヶ月ほど待って仮歯を入れています。骨ができるまで待ってから歯を入れるために、通常の骨を作らずに行うインプラントより期間がかかります。

 

ソケットリフト

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

03-3251-3921

0120-25-1839

営業時間

11:00~20:00

昼休み

14:00~15:30

 

休診日

日曜日、祝日

 

となっております。