インプラントのモニター治療

もうご存知でしょうか?インプラントのモニター治療はお得です。

 

インプラントの成功率が90%を超えると報告されるようになってからすでに10年以上経ちます。昔の危なっかしいインプラントの時代とは変わりました。

 

それなのに、インプラントの価格は安全のために値段を下げられ無いと言う先生方の言い分には納得いか無いところがあります。

 

例えば、単純に自分は自信があって誰よりも上手いから相場より高額な治療費をいただきます。インプラントの値段は技術料です。と言うなら分かりますが、インプラントの材料費もかなり安くなり、滅菌などの機材は減価償却も終わっているのに、なぜインプラントの価格の相場は高いままなのか?という疑問を私は感じました。

 

それでは、低価格で提供できるインプラント治療を体験していただいて問題があるのかアンケートにお答えいただこうと言うこと思いつきましたので、今回インプラントのモニター治療と言うことで、通常に安定した結果を残している低価格のインプラント治療をご提供させていただきます。

 


インプラントモニター価格のご紹介。

インプラントの料金は1本あたり、被せものを入れて30万円とか40万円とかしてしまいます.

 

当院では、インプラント治療を希望される方にアンケートにお答えいただくモニターを募集しております.

 

インプラントのモニター料金は2回法インプラントを使用しております.通常格安のインプラント治療は、見た目が気になる部分ではあまり使用されない1回法のインプラントの料金です。当院では、2回法のインプラントを低価格でで行っております。

 

今回、インプラントモニターとしてアンケートにお答えいただける方には2回法インプラント¥98,000−(税別)、土台と差し歯(金属)を入れて¥144,000−(税別)という価格でご提供させて頂きます.



インプラントモニターのお問い合わせ

ただいま、インプラントモニターを希望される方は、無料カウンセリングを行っております。この機会にご利用ください。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

0120−25−1839

メモ: * は入力必須項目です


~インプラントの注意~

 

 インプラントは保険外診療となります。インプラントの種類などによって料金がかわります。通常、インプラントは、3つの部分に分かれており、人工歯根1本あたり10万円(税別)~土台(アバットメント)2万円~、上部構造2万円~の料金となります。奥歯のインプラントを行う場合は14万円(税別)~となります。白い歯にする場合や、土台をジルコニアにする場合、人工歯根を高級なものにする場合などは料金がかわります。

 

また、骨の状態によって、インプラントがそのまま入れられない場合は、骨を増やす治療を行います。

骨を増やす料金も保険外診療となります。インプラントとは別途料金がかかります。

 

インプラント治療は外科的な治療となりますので、程度は低いとはいえお痛みや腫れ出血のリスクがあります。また、骨を増やす治療も同様のリスクがあります。



インプラントモニター価格は低価格でご提供しております。

メモ: * は入力必須項目です


神田ふくしま歯科では、歯周病治療をしっかりと行います。

神田ふくしま歯科では、ご自身の歯を抜かないように、歯周病の歯に対して骨の再生治療など、インプラントにならないようにするための治療を行なっております。

 

残念ながらインプラントになってしまった方も、インプラントの寿命は歯周病の進行によって決まりますので、残っている歯やインプラントの歯の歯周病の治療や予防をしっかりと行う必要があります。

 

詳しくは下記の色の変わっている文字がリンクページになっておりますので、クリックしてご覧ください。

 

インプラントにならない治療法のページの再生治療をご確認ください。

 

また、インプラントを長持ちさせるには、インプラント周囲に丈夫な歯茎や骨が必要だと報告されています。

インプラントに必要な歯茎に関しての紹介ページや、

 

骨がない時のインプラント治療のページもご覧ください。


インプラントの適正価格について

インプラントの適正価格についての神田ふくしま歯科の考え


インプラントは年々製造本数が増え、今では世界で年間数十万本流通しております。それに伴い、インプラントの材料費が下がってきています。インプラントがまだ安心とは言いがたい状況であった90年代は、再治療費や保険の意味合い、材料価格の高さなどで高額であった治療の価格が、今もそのままではおかしいと感じています。神田ふくしま歯科では、歯科材料費を20%として現在のインプラント価格を設定させていただいております。この価格は世間の相場より少し安い価格となります。

 

インプラントの料金表

インプラントは歯茎と骨の状態によって

3種類のインプラントをご用意いたしております。

 

インプラントの上につける歯の部分完成までの価格は人工歯根部と土台 と人工の歯の料金の合算になります。

 

2回法インプラント 

  (ケンテックス アルファタイトインプラント

 人工歯根部       ¥100,000-(税別)

 土台(アバットメント) ¥20,000-(税別)

 人工の歯(差し歯)・オールジルコニア¥60,000-(税別)          ・銀歯    ¥20,000-(税別)

 

カルシテックインプラント 

 (ハイドロオキシアパタイトコーティングされたインプラント。通称HAインプラント)  ZIMMER社のインプラントです。世界的に有名です。骨の無いところに使用する場合骨を誘導して作ってくれるといわれています。また、インプラントの治癒期間が短いのも特徴です。

 

 

 人工歯根部      ¥150,000-(税別)

 土台(アバットメント)¥50,000-(税別)

 人工の歯 ・オールジルコニア¥60,000-(税別)

      ・銀歯   ¥20,000-(税別)

 

ノーベル社のインプラント

ノーベル社はノーベル賞で有名なスウェーデンのノーベルさんの会社でした。現代歯科インプラントの開発者ブローネンマルク先生のインプラントを扱っている会社で世界最大手のインプラントメーカーです。最も歴史のあるインプラントということで人気があります。

 

  人工歯根部      ¥200,000−(税別)

  土台(アバットメント)¥80,000−(税別)

  人工の歯 ・オールジルコニア ¥60,000−(税別)

       ・銀歯   ¥20,000−(税別)

 


インプラントモニター治療を希望される方のメールお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839


お電話でもご予約受け付けております。

メモ: * は入力必須項目です


インプラントモニターについてのブログ

歯周病に注意。インプラントをする前に

インプラントをこれからされる方,インプラントを既に入れられた方、歯周病には要注意です.

 

インプラントになった後も歯周病になってしまう場合があります.インプラントの歯茎が下がってインプラントの金属が露出してしまう事もあります.歯周病の管理が重要になります.

 

 

続きを読む

インプラント後の食事の注意

インプラント後のお痛みで考えられるのが、歯茎のお痛みです.歯茎を開いてインプラントを入れてまた歯茎を縫いますので、歯茎のお痛みが出てしまう場合があります.特にお食事の際に歯茎を傷付けてしまう事がありますので、お食事にもお気をつけいただいております.

 

インプラント後のお食事で注意する事

 

 インプラントを入れた部分で固いもの尖ったものを噛み締める事は1ヶ月は待っていただいております。具体的には唐揚げや天ぷら、フランスパン、せんべいなど尖ったものはお控えください.

 

場合によってはオペをした部分の歯茎がめくれてしまう事があります。歯茎の治りが遅くなったり、出血したりしてしまいます.

 

歯茎がめくれてしまったとしても大きな問題はありませんが,めくれた上に歯茎の中に入り込むような固いものを噛んでしまった場合,感染やインプラント周囲の骨の損傷を起こしてしまう事もありますので、1ヶ月はお食事を柔らかいものなどにしていただく方が良いと思います.

 

また、食後の歯ブラシも歯茎に当たらないように磨いていただくか、糸で縫った周囲を磨かないようにしていただいております。

 

インプラント治療後のお食事に関しましては、下記のリンクページをご覧ください.

 

インプラント後のお食事のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F  スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分

0120−25−1839

続きを読む

インプラント義歯は義歯を快適にします.

入れ歯が合わなくてはずれやすい方や、入れ歯の歯茎が気になってしまう方はより快適な入れ歯を使用する事ができる方法があります.

 

インプラント義歯という方法です。通常、インプラント治療は抜いた歯の本数に近い本数のインプラントを使用しますので、治療期間も長くなり、高額な上、お掃除が大変という問題もありました.

 

インプラント義歯は、少ない本数のインプラントを使用して、入れ歯を安定させる方法です.インプラント義歯を使用する事で入れ歯の歯茎の部分の厚みを減らす事が可能になります.例えば上あごに使用する入れ歯は歯の裏側を覆わない馬蹄形の入れ歯を使用する事も可能となります.(噛む力が強い方は補強が必要な場合もありますが、かなり薄く部分的な補強で済みます.)

 

インプラント義歯を使用する事で、従来の入れ歯の話しにくさを解消しますし,インプラントブリッジでは歯茎の回復をできませんでしたが,インプラント義歯では歯茎を入れ歯で回復する事が可能になります.インプラントブリッジではインプラントの上に入れている義歯の間に物が挟まってしまいますが,インプラント義歯では挟まりにくくなります.

 

インプラント義歯で快適な生活を送れます.

 

インプラント義歯に関しての詳しい内容は下記のリンクページに詳しく紹介させていただいております。ご興味のある方は下記のリンクをクリックしてご覧ください。

 

インプラント義歯のページ

続きを読む

入れ歯の何がイヤか?

入れ歯の何がイヤかというと、外しておいておくのを見ていると汚いというイメージがあるかと思います.口の中のものを外においておくのは入れ歯にとっても細菌が付着してしまうので汚いですし,外した入れ歯を見ている人も汚いものを見たと言う感覚になってしまうでしょう.


入れ歯の洗浄剤などを使用するのは不本意と言う事もあるかと思います。


インプラント治療は、入れ歯の欠点である取り外しが無いと言う事で選択される方がますます増えております.

続きを読む

インプラント義歯の中でも低価格

入れ歯を安定させるためのインプラント装置をインプラントオーバーデンチャーとよんでいます。

 

インプラントオーバーデンチャーの中で、システムによっては、かなり低価格で処置が行えるタイプのものがあります。

 

これは、インプラントと入れ歯を接続する装置が一体化しているタイプのインプラントを使用した場合に装置代を安くすることができます。具体的には、LODIというインプラント装置を使用することで、インプラントオーバーデンチャーの料金が破格に安く仕上がります。

続きを読む

下の入れ歯が動いてしまう方のためのインプラント

下の入れ歯が動いてしまって調子悪いなーとお感じの方に朗報です!

 

今お使いの入れ歯を処置当日に安定させるインプラント治療があります。

しかも、インプラントにしては低価格で行えると好評です。

続きを読む

インプラント治療の価格の相場は変わっています。

まだ高いインプラントが良いと考えていらっしゃいますか?

 

インプラント生産量が世界的に増え、製造コストが格段に下がっている現在、インプラントの価格が下がらないことのほうが不思議なくらいですが、インプラントの価格はどのようにお考えでしょうか?

 

お知り合いや、インプラントを経験された方のお話を聞いたとき、おそらくインプラント治療に30万円~40万円かかったといわれるのではないかと思います。これは、10年ほど前にインプラントがそれほど一般的に普及していなかった頃のお話です。

 

近頃はインプラントの材料価格が安くなっていますので、インプラント自体のお値段が安くなっています。これは単に安くなったこと以上に、お金儲けのため無謀にインプラントを行う歯医者が減るというメリットもあります。高額のインプラントは利益が高いため、無謀にインプラントを行っていた歯医者も多かったのですが、利益が少なくなったためしっかりとインプラントを行わないとトラブルのみが多くなってしまうため、無謀にインプラントを行う歯医者も少なくなることと思います。

 

そのため、あまり昔から安いインプランㇳを大量に行っていない病院で、最近の相場である10万円台から20万円でインプラントを行っている病院をお勧めしております。

 

 

繰り返しますが、インプラント価格が30〜40万円と言われていたのは10年前の話です。

 

インプラント治療は初期投資に費用がかかる事は知られていますが,初期投資を回収した後は大して費用がかからない治療になります。そのため、10〜20万円ほどの治療費でも十分に採算が取れる治療になります。

 

インプラントは歯科治療の一部ですので1本の歯を咬ませるのに自由診療の総入れ歯と変わらない30〜40万円という価格で治療をするというのも価格として高いと感じます。

 

2回法インプラントの安値について詳しい内容を知りたい方は下記のリンクをクリックしてご覧ください。

 

インプラント治療の価格の相場についての詳しいページ

続きを読む

抜歯即時インプラントが難しいケース

歯を抜く場合の多くは歯が炎症を起こしています.歯の周囲の骨が吸収しておりますので、安易に歯を抜くと骨が無くなってしまい,その後インプラントを行うのが非常に難しくなります.

 

炎症を起こしてしまっているケースは炎症を引かせてから歯を慎重に抜いていきます.根っこの先の炎症が大きい場合は、あらかじめ歯の根っこの内部の消毒を行って落ち着いてから歯を抜く事もあります.

続きを読む

インプラントだらけが良いでしょうか?

インプラントの本数を少なくするインプラントオーバーデンチャーはご検討されましたか?

 

無い歯の本数インプラントを入れると総入れ歯の方は28本のインプラントが必要?となりますが,そんなにインプラントだらけの方は滅多にいらっしゃいません.

 

噛む力が以上に強い場合以外は、インプラントは噛む力がかかる奥歯を中心にインプラントを入れて、前歯の方は少ない本数でも大丈夫でしょう.

 

また、少ない本数のインプラントを入れてその上に固定式の入れ歯を入れるインプラントオーバーデンチャーと言う方法も人気です.インプラントだらけにしたくないと言う方には、入れ歯とインプラントを組み合わせたインプラントオーバーデンチャーと言う方法がおすすめです

 

続きを読む

インプラントにはCTが必要です.

インプラント治療を行う際にCTを撮影する事は非常に一般的になって来ています.むしろCTを取らずにインプラント治療を行うのはあまり一般的ではない事になって来ています.


当院では院内でCTを撮影する事が可能ですので、特別な病院に行って撮影するのではなく、通常のレントゲン検査と同じようにCTを撮影する事が可能です.

 

歯科用のCTは医療用の物に比べて被爆線量が何十分の一というレベルです。また、通常の全体的なレントゲンんとあまり変わらない被爆線量で撮影が可能です。もちろんデジタル撮影を行いますので、画像はしっかりと保存され見やすい画像となります.

続きを読む