ブログカテゴリ:ct



インプラント治療の流れ · 11日 11月 2019
CT撮影をご存知でしょうか? 最近、歯科用のデンタルCTという物が普及したため、何でもかんでもCTを撮影するという風潮が出てきてしまっているように感じます。
CT画像
さすがに最近CTを取らずにインプラント治療を行う病院は少なくなって来ていますが,インプラント治療の安全性を確認するためにはCTを取る事が大切になります.
骨の厚みや高さが十分ある状態の場合は、どのようなインプラントでも良い結果が出ますが,骨の無い時のインプラント治療を行うさいは骨を誘導するタイプのインプラントの方が治療の結果が良くなります. そのため、あらかじめ治療の計画を立てる段階でインプラントの選択を骨の状態によって決めさせて頂いております. 骨の状態を確認するためにCTは必要な検査となります.
06日 3月 2015
インプラントが悪くなる原因のほとんどは歯周病と言ってよいと思います。 お口の中の一部に歯周病が進行して残っている場合、インプラントの炎症が起こりやすくなることが知られています。...
03日 3月 2015
CT撮影をご存知でしょうか? 最近、歯科用のデンタルCTという物が普及したため、何でもかんでもCTを撮影するという風潮が出てきてしまっているように感じます。...
24日 1月 2015
顎の骨が無いからといってインプラント治療をあきらめる必要はない事があります。 ソケットリフトという言葉をご存知ですか? 上の奥歯を抜いて長期間放置してしまったり、歯周病が重度になってから歯を抜いた場合、歯を支えているあごの骨が吸収してしまい、上あごの骨の厚みがなくなります。...
22日 1月 2015
CT画像
当院ではCTを導入しております。外の施設にわざわざCTを取りにいっていただく必要がありません。 インプラント治療にはCTの撮影が必要ですので病院にCTがあるというのは時間が効率的に行えます。顎の骨の状態は日々変化しますので、オペの直前の状態を確認することができるのが大きなメリットと言えます。...
19日 1月 2015
CT撮影では、骨の立体的な状態がわかります。骨があるのかないのかはインプラント治療を行うときに重要になります。骨の厚みや高さを3次元的に確認する事が可能です....
18日 1月 2015
当院では、CTの撮影をメディカルスキャンという撮影を専門で行ってくれる医院に紹介をして撮影してもらっていましたが、6月末よりCTを院内に導入しますので、時間のロスなくその日のうちに撮影できるようになります。...
28日 12月 2014
インプラント治療を行う前に骨の状態をCTにて確認しております.歯科用のCTは3次元的に骨の内部の状態を知る事ができますので、インプラント周囲の歯の状態もあわせて確認する事ができます....

さらに表示する