治療科目のページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

JR神田駅北口徒歩1分スターバックス上

 

0120-25-1839

03-3251-3921

2014年

10月

24日

今のインプラントは2回法implantが主流です。

implant治療には1回法のインプラントと2回法のインプラントがあります。詳しい方でないとご存じないのかと思いますが、今のインプラント治療の主流は2回法implantです。

 

広告宣伝によくインプラントが7万円台と宣伝しているタイプのインプラントは1回法のインプラントと言ってあまり使用していないタイプのインプラントです。結局カウンセリングを受けたら2回法のインプラントが適応となり、あまり安くないということになるようです。

 

一回法のインプラントの場合は、一回の手術で治療することができますが、骨の高さや厚さが不足している場合などの骨を増やすことが必要な場合はインプラントの感染のリスクが高く、おすすめできません。


インプラント治療を受けられる方々は歯が抜けてしてしまっているわけですが、その原因は主に感染によるものです。つまり、歯周病、虫歯や、歯根が折れた場合などです。


そのような原因で歯を失ってしまうと、あごの骨も失っており、理想的な位置にインプラントを埋めるためには、多くの場合1回法のインプラントでは対応できない状態となります。


一 回法implantと二回法implantについては、現在やはり多くの場合は、二回法となることが多いです。

 

2回法インプラントのページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

0120-25-1839