入れ歯をその日に安定させるインプラント法の紹介

使用されている入れ歯をその日のうちにしっかりと安定させて噛めるようにするインプラントシステムはご存じでしょうか?

 

普通の入れ歯は、歯茎で噛む力を支えて噛みますので、歯茎の形が悪かったりするとしっかりと噛めないことがよくあります。

 

特に下の入れ歯は顎の骨が減少しやすく、動きやすいため、しっかりと固定されて動かない入れ歯はかみやすくなります。

入れ歯を安定させるインプラントシステム LODI

お写真は、骨の中にインプラントを入れています。ネジのような形をしていて、グレーの部分がインプラントとなります。インプラントの上に金色の土台がついており、その上に青い色のロケーターという入れ歯を固定する装置がはいっています。

ロケーターは入れ歯の中に組み込まれています。

 

このシステムでは、インプラントを入れたその日に、入れ歯を支えることができます。その日のうちに入れ歯を調整して使用できるようにします。

インプラントで安定させる入れ歯は、インプラントオーバーデンチャー、あるいはインプラント義歯と呼ばれています。

 

詳しい内容は下記のリンクページをご覧ください。

 

インプラント義歯のページ


~インプラント義歯システムLODIの注意~

 

LODIシステムは、基本的に下の入れ歯のための装置です。

 

インプラントおよびインプラント義歯は保険外診療となります。当院では、LODIシステムは、人工歯根・土台・ロケーター部を含めて1本あたり10万円(税別)となります。

 

インプラントと義歯をつなぐマグネット等の料金もかかりません。

 

ただ、入れ歯を作り直す場合、入れ歯の料金も保険外の料金となります。義歯の料金は大きさによって変わりますので、ご相談ください。

 

 

また、インプラント治療は外科処置になります。術後に出血や腫れ・痛みが出る場合があります。また、健康の状況によっては、インプラント治療ができない場合もあります。