治療科目のページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

JR神田駅北口徒歩1分スターバックス上

 

0120-25-1839

03-3251-3921

インプラント義歯のページ

60歳以上の方にお勧めのインプラントはインプラント義歯です。

歯の抜けた本数の多い方のインプラント治療は、どうしても高額になってしまったり、お掃除が大変になってしまったりしてだめになってしまったり、何かと大変です。

特にこれから10年20年とインプラントで生活していくとなると、インプラントの周りのお掃除をご自身でするのがどんどん難しくなっていく60歳以上の方には、他人の手でメンテナンスをすることも考えていかなくてはいけません。インプラントを沢山入れて何本かに炎症を起こしてしまったら、外したり、被せ物を切り取ったり、また何本もインプラントを打ち直したりしなくてはいけません。

そこで、お勧めなのが、インプラント義歯という方法です。インプラントは総入れ歯の方で、2~4本入れればよく、お掃除も入れ歯を外してインプラントの上の部分だけ磨けばいいので、たとえ寝たきりになってもお掃除を簡単にしてもらうことがでできます。

お値段も、インプラントのブリッジといって固定式で取り外せないものの半額以下になります。

インプラントをする前に一度ご検討されてはいかがでしょうか?

 


インプラント

インプラント義歯の治療ケース

インプラント義歯
インプラント義歯

90歳の方です。あごの骨の吸収が大きく入れ歯では大好きなお肉を食べれなくなっていました。前歯にインプラントを入れることで、大概のものは食べれます。

また、お掃除も簡単です。

3か月に一回のメンテナンスにお越しいただいています。

クリップで止めるだけで、しっかりとくっついています。

もちろん外れません。動かず、しっかりと噛めて喜ばれています。お値段、入れ歯代も含めて50万円でした。

なぜインプラント義歯が選ばれているか

インプラント義歯(インプラントオーバーデンチャー)の長所まとめ

  • 歯が1本も無い場合上下それぞれ2~4本のインプラントで済む
  • インプラントの本数が少なくて済み安くなります。そのうえ、被せる歯の治療費もブリッジよりも入れ歯の方が安くすみます。
  • 取り外して洗えるためお手入れが簡単。ブリッジタイプでは歯間ブラシや糸ようじなど様々な器具を使用して磨いても磨き残しが出てしまうためこまめに歯医者でお掃除が必要です。

インプラント義歯では上の入れ歯がすっきりとします。

馬蹄形の総入れ歯 
上の入れ歯もすっきり

通常、総入れ歯の方は、内側の歯茎を全部覆ってしまいます。

そのため、熱を感じなくなり食事の味が悪く感じたり、発音しにくくなったり、当たっていたかったりします。

インプラントの入れ歯では、しっかりと噛めるうえ、食事の違和感、発音、痛みが、なくなります。

インプラントのバーでがっちりととまります。

 

クリップで止めるだけなので簡単に入れることができます。

また、クリップが緩んできても簡単に入れ替えることができます。

 

ご自身の歯も残して入れ歯の支えになりました。

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

03−3251−3921

0120−25−1839

インプラント義歯に関するBlog

2017年

9月

23日

2回法インプラント最安値

2回法インプラントの最安値に挑戦しているわけではありません。


このブログでは何度も言っていることですが、2回法インプラントの価格が高すぎると思います。


何本も歯がない場合、インプラントを1本入れるのに価格費用とよくできた部分入れ歯を入れる費用がほとんど変わりません。インプラントを何本も入れる場合はかなり高額になってしまっているのが今のインプラント治療の現状です。


インプラントの相場が高いので無理やりインプラントを入れようとする歯医者も出てきて問題になってしまったりするのかもしれません。


ところで、2回法インプラントの価格をなぜ安くできるのかという疑問にお答えしたいと思います。


インプラント治療の場合、インプラントを入れてから歯が入るまでにいくつもの処置や部品を必要とします。通常、インプラントに限らず歯科治療では、部品と技工料の価格が売り上げの約2割以内になるようにすることで歯科医院の経営が安定するといわれています。


インプラントの材料費が年々安くなってきていますので、インプラント価格の相場が安くなるのは当然の現象かとも思います。


しかしながら、インプラントは自由診療で技術料を高めに設定している歯科医院もいまだに多いのが現状です。当院では、2回法インプラントが最安値でできるのではないかと思いますが、通常の料金設定した結果安くなっているだけの話です。


また、2回インプラントの料金がわかりにくいといわれることも多いのですが、それは、2回法インプラントが3つの部品に分かれてそれぞれ料金の合計をしなくてはいけないからだと思います。

 

そのため、インプラント自体は安かったのに、処置料や部品代の追加をしていくといつの間にかほかの医院より高くなってしまったということもあるようです。

 

インプラントを入れてからかめるようになるまでにかかる費用の総額でお値段の比較をされることをお勧めします。

 

当院では、2回法のインプラントは安全なため現在のインプラントの主流になっていますので、2回法のインプラントのみ取り扱っております。2回法のインプラントを使用して治療された場合、最安値で提供させていただいております。(2014年インターネット調べ)

 

奥歯のインプラントの上に白い歯なんて必要ない、金属でよいという方は多く、しっかりと噛める2回法インプラントなら、総額14万円(税別)で行っています。(インプラント、土台、差し歯の料金の合計です。)


2回法いインプラントが最安値?に近い価格で行いたいとお考えの方はまずは2回法インプラントは何かということをご確認ください。下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいておりますのでクリックしてください。

 

2回法インプラントのページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

03-3251-3921

0120-25-1839

続きを読む 0 コメント

2017年

9月

21日

インプラントはなぜ2回法か

通常インプラントと言えば2回法インプラントが使用されております。

 

2回法インプラントが主流なのは、インプラントに入れる差し歯が2回法インプラントの方が精度よく仕上がるからです。

 

1回法のインプラントはインプラントの土台の金属部分をバーで削りますので、仕上がりにDrの技術レベルが大きく影響します。2回法インプラントは、既成の機械で削り出したパーツで結合部分を作成しますので、適合が1回法よりかなり良くなります。また、模型上で歯茎の位置に合わせて差し歯を作成することができますので、歯茎との適合も良くなります。

 

インプラントがどれだけ長持するかは、インプラントにかぶせる差し歯の適合によって変わります。

 

差し歯の適合はその後のインプラント治療の予後にも影響します。あっていない差し歯はインプラント周囲の歯茎に炎症を起こしてしまいますので、歯周病に似たインプラント周囲炎を起こしてしまう場合もあります。

続きを読む 0 コメント

2017年

9月

05日

インプラントオーバーデンチャーで入れ歯を安定

インプラントか入れ歯か?という選択肢以外にインプラントで安定させる入れ歯というものが存在することをご存知ですか?

 

これをインプラントオーバーデンチャーと呼んでいます。通常入れ歯は歯茎で咬む力を支えますので歯茎の弾力で入れ歯か沈み込む特徴があります。インプラントを2本から4本入れることで、入れ歯が沈み込むのをおおさえ、また横に動くのもおさえることができます。

 

インプラントオーバーデンチャーはインプラントの治療費を抑えます。


お口の中全体で歯周病が重症の場合は、部分的にインプラントを行うのではなく、確実に残せる歯を残したうえで、抜いてしまった部分をインプラントと入れ歯で対応されたほうが、後のことを考えると安定する場合もあります。

 

インプラントオーバーデンチャー

 

インプラントオーバーデンチャーはシンプルな構造をしていますので、お手入れが簡単です.そのため,高齢者の方の将来にわたっての安定した歯にはお勧めな治療法と言えます.


インプラント治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングは御予約制となっております。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

 神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

JR神田駅北口より徒歩1分

03−3251−3921

0120-25-1839

続きを読む 0 コメント

2017年

8月

19日

骨がなくて諦めていたインプラントが可能な場合があります。

入れ歯が合わなくてインプラントにしようと思っていたのに、骨がないからインプラントができないと言われてしまっていた方には朗報かもしれません。


骨がなくなってしまった部分に骨を作る技術が再生材料の改良によって比較的容易に行うことが可能になってきました。骨の厚み、高さがない場合に、骨を作成してインプラントを行うことが多くなってきています。

続きを読む 0 コメント

2017年

8月

14日

インプラントの無料カウンセリングを行っております.

当院では2回法インプラントのみを扱っておりますが、2回法インプラントに関しましては相場より格安で治療を行っておりますので御相談をいただく事がございます.


本日紹介するご相談例は東京でお勤めの会社員の方のインプラントの相談です。


奥歯が無いまま放置して残った歯まで悪くなってしまったケースです。

 

左側の1番奥歯を1本抜いてそのままになっていて、奥から2番目は、半分歯を抜いて銀歯が入っていました。


残っている奥歯の銀歯はぐらぐらで噛めないということでしたが、抜きたくないと言う御相談でした.


左の奥歯がないので、かむ力を支えられずに歯が揺れてしまったようです。


この方のように、歯を抜いて放置しておくと残った歯に負担がかかってしまい、問題を起こす事がよくあります.歯を抜いてしまった場合、徳か無知からの強い方はかむ力を支えるためにインプラントを入れる事をお勧めします.入れ歯ではかむ力を支えられません.


そのため、奥の歯のないところはインプラントをする方法をお勧めしました。そうしないと残った歯の負担を取れないので、揺れている歯を手前の歯とつなげて固定するか、それもしたくない場合は何もしないか以外の選択肢はなさそうでした。

 

こういったケースの場合は、残っている歯に負担がかかりすぎてしまったようです。歯を残すために、歯の無い部分にインプラントを入れて咬む力を分散させる事がおすすめです。


インプラントに関する御相談はメールでもお受けしております.下記のリンクページをクリックしてご連絡ください.


インプラント治療のお問い合わせのページ

 

また、ただ今インプラント治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにてご希望の治療法を確認の上治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921

続きを読む 0 コメント