ブログカテゴリ:上部構造



08日 3月 2015
ご存じない方もいらっしゃるようですが,インプラントを人工歯根として使用した場合,上に入れる差し歯や入れ歯が保険外の治療となります. インプラントは顎に入れただけでは噛めません.インプラントに人工の歯を載せる必要があります. この人工の歯には保険がききませんので、金属を入れるとしても保険外治療となります....
25日 2月 2015
インプラントの2次オペ
歯茎が少ない場合や、骨が少ない場合やきれいにインプラントを入れたい場合は2回法インプラントを使用します。 2回法のインプラント治療は、インプラントを入れる時に歯茎でインプラントを覆いますので、インプラントが骨と結合した後、もう一度歯茎を開いてインプラントに入れる土台を入れる治療を行います....
04日 1月 2015
入れ歯が合わなくてはずれやすい方や、入れ歯の歯茎が気になってしまう方はより快適な入れ歯を使用する事ができる方法があります. インプラント義歯という方法です。通常、インプラント治療は抜いた歯の本数に近い本数のインプラントを使用しますので、治療期間も長くなり、高額な上、お掃除が大変という問題もありました....
05日 12月 2014
歯がなくなって入れ歯が合わない場合しょうがないからインプラントをしようと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。...
29日 11月 2014
口腔環境に対する意識の改善にもかかわらず、何百万もの日本人は、歯に損失が出ます ― 大部分は虫歯、歯肉炎(歯肉病)または事故により。長年、欠如した歯の人々が利用できる唯一の治療の選択肢は、ブリッジと総入れ歯でした。しかし、今日、インプラントを利用できます。 インプラントは利点の多い治療法です。...
26日 11月 2014
奥歯が何本もない場合、インプラントを何本か複数入れることがあります。インプラントを複数本入れる場合インプラントの上に入れる歯をつなげることが一般的です。複数本つなげることでインプラントの咬む力に対する抵抗力がつくためです。...
15日 11月 2014
2回法インプラントの周囲に炎症がおきにくいあるいは、骨の吸収が少ない形のインプラントが主流になってきています.インプラントとインプラントにつける土台の部分の結合部分には骨に対して親和性のあるタイプのインプラントが開発されて販売されるようになってきました。...
07日 10月 2014
インプラントの形が少し変わり、よりインプラント周囲の骨が安定して長持ちするようになりました。 これはプラットフォームスイッチという名前で報告された内容のことですが、インプラントと皮膚が接触する部分で骨が通常より上の方まで覆うため、インプラント周囲の骨が吸収しにくくなります。...
03日 10月 2014
インプラントの2次オペ
2回法のインプラント治療は、インプラントを入れる時に歯茎でインプラントを覆いますので、インプラントが骨と結合した後、もう一度歯茎を開いてインプラントに入れる土台を入れる治療を行います. 写真では、歯茎が治るまでの期間使用する土台が入っています.この上に仮歯がはいります。...
01日 10月 2014
インプラント土台の上の仮歯
インプランと2次オペの後は歯茎が治るまでの間仮歯を入れておきます.写真の白い歯が仮歯です. インプランとの土台の上にプラスティックの仮歯が入っています. いきなり固い物を食べたりせずに、徐々に固い物を噛むようにしてください.