治療科目のページ

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

JR神田駅北口徒歩1分スターバックス上

 

0120-25-1839

03-3251-3921

無料カウンセリングのお問い合わせ

ご意見、ご質問、メッセージ等々お気軽にお問い合わせください。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です

注意)スマートホンからのお問い合わせはパソコンから返信しておりますので、セキュリティのご確認をお願いいたします。(返信が届かない場合がございます。)

無料カウンセリングのご予約はこちらから

神田ふくしま歯科

 

東京都千代田区神田鍛冶町3−2サンミビル6F

 

0120-25-1839

03-3251-3921

営業時間内にご予約承ります。

営業時間

11:00~20:00 (水木土は18:00まで)

昼休み

14:00~15:30

休診日

日曜日、祝日

2017年

7月

04日

奥歯の根っこが折れてしまった場合の治療方法について

奥歯の根っこが部分的に折れてしまった場合,歯を半分だけ抜いて残った半分と隣の歯をブリッジでつなげる方法か、インプラント治療か、入れ歯か・・・など選択肢がいろいろあります.


どの治療方法を選択するかの基準を説明いたします.


まず、歯の根っこが完全に折れてしまっている場合,歯の根っこを抜ク必要があります.下の奥歯の場合,太い2本の根っこがありますので、折れてしまっている側の1本だけを抜くと言う方法があります.ヘミセクションと言われている抜歯方法です.


この方法を行う場合,歯を抜いた隙間をブリッジで埋めます.つまり、残った根っこと歯を抜いた部分の隣の歯でブリッジを作成します.

歯を半分でも残せてご自身の歯が使えると言うメリットがある反面、隣の歯を削る事になりますし、料金がブリッジ(3本分の歯の料金)が買ってしまいますので、通常より高くなると言うデメリットもあります.また、歯が折れる原因にもよりますが,残っている歯の根っこが弱ってしまっている場合は何年かごに歯の根っこが折れてしまう可能性はあります.くいしばりの強い方などはあまりお勧めできないかもしれません.


歯を抜いてインプラントを行う場合、半分だけ抜くのではなく、2本とも根っこを抜いてインプラント治療を行う事になります.先ほどのブリッジ治療をセラミックで行った場合に比べて、当院のようにインプラント価格のやすい病院ではインプラント治療の方が価格的にやすくなります.インプラント治療に関しましては、インプラントが折れてしまう事はあまりおこりませんので、予後が安定しやすいという事がメリットとなります.


インプラントの格安料金に関しましては下記のリンクページに記載させて頂いておりますので、参考になさってください.


インプラントの格安料金のページ


また、インプラント治療を希望される方は、ただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングは御予約制とさせて頂いております.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバック上

JR神田駅北口より徒歩1分

0120−25−1839

03−3251−3921


続きを読む 0 コメント

2017年

6月

09日

転勤される方のインプラントの注意

一時的に転勤される方や引っ越しされる方はインプラント治療を行う場合途中から歯科医院を変えることになる場合があります。


こういった場合インプラントを行った医院にインプラントの種類を確認しておくことが大切になります。インプラントの種類によって使用するねじなどが変わりますが、メーカーや商品が特定できればその規格の部品を取り寄せることが可能になります。


最近海外に長期で行かれる方が増えてまいりました。日本国内でしたら引っ越しをされてもインプラントのメンテナンスに困ることはなかったのですが、海外製のインプラントはしばしば国内で流通していないインプラントであることがあります。

 

インプラントは工業製品ですので、ねじの規格などある程度の共通規格であることが多いのですが、海外の製品の中には規格の異なる場合もあり、治療途中の場合や、修理が必要な場合に部品の取り寄せから必要になってしまうことがあります。

 

また逆に日本の規格のものが海外で通用しない場合もあります。そのため、海外に行かれる場合は世界的に流通しているタイプのインプラントを使用したほうが良いかもしれません。


インプラント治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングは御予約制とさせていただいております。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です)

0120-25-1839

03-3251-3921

 

続きを読む 0 コメント

2017年

6月

08日

インプラントのメンテナンスはいらない?

インプラントのメンテナンス

インプラントは、定期的にレントゲンなどで周りの骨が吸収していないのを確認する必要があります。

 

当院では1年に一回のレントゲンによる確認と、3か月に一度のクリーニングをお勧めしております。

 

一度インプラントに炎症がおこると元に戻すのが困難なため、予防することが重要になります。インプラントの上にのせている歯が外れたりゆるんで動いたりしてしまった時はすぐに、連絡していただいています。

 

また、歯周病の歯が残っている場合は要注意です。歯周病菌にインプラントが感染してしまわないように歯周病を治して再発しないようにすることが重要です。インプラントが動くようになってしまってからでは手遅れとなる場合が多いです。

インプラントの磨き方

インプラントの歯磨き

インプラントが複数本ある場合、歯の部分をつなげることが多いのですが、歯と歯の間の部分の歯ブラシが難しくなります。歯間ブラシのサイズをしっかりと確認して、使用しましょう。

 

糸ようじなどを上手く使うことと、定期的に歯科医院でメンテナンスされるといいでしょう。

 

東京のインプラント

 

インプラントのメンテナンス

続きを読む 0 コメント

2015年

2月

28日

あなたの骨の状態でインプラントの期間が変わります。

骨がないのでインプラントができないといわれることがあります。


骨を作ってからインプラントを入れたりする治療は骨のある状態に比べて期間がかかります。また、多くの歯医者で行っているわけではないので歯医者を選ぶ必要もあります。


歯を抜いたとき周りの骨が著しくない場合、歯を抜いた後6か月ほど待ちます。骨ができてくるのを待ちます。骨があまりにもない場合は、2ヶ月ほどで歯茎が治癒した段階で骨を増やす治療を行う場合もあります。骨を増やす治療を行った後やはり4~6か月は待ちます。

 

根っこの炎症がひどい場合、インプラントをうてないことも多いです。骨がない場合は、6か月ほど待つと骨ができてきますので、骨ができてからインプラントをうつことになります。

 

治療期間が延びますが、骨がないところにはインプラントを入れることができませんので、待つことになります。


インプラントの時期に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

 インプラントの時期についてのページ

 

骨の治癒期間を短縮するために骨の再生を早める方法もございます。また、骨が無い場合でも骨の再生と同時にインプラントを入れる事が可能な場合もあります。

 

歯を抜いてどれくらいの期間を待つのが最適かと言う事は歯を抜いた時の歯の周囲の骨の状態によって判断しております。6ヶ月待った場合、健康な骨の吸収も起こってしまいますので,早めにインプラント治療を行った方が有益な場合もあると言う事です。


インプラント治療を希望される方はただいま無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。無料カウンセリングは御予約制となっております。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です。)

03−3251−3921

0120−25−1839

0 コメント

2015年

2月

27日

あなたは歯を抜いてインプラントをしたいですか?

歯周病が進行した場合
歯周病が進行した場合

歯周病が進行してしまっても歯を抜く前に骨の再生を検討されてはいかがでしょうか?


歯周病で歯を支えている骨が吸収して穴になってしまっている場合,インプラント治療以外に方法は無いでしょうか?


お写真のように、歯の周囲の骨が吸収して穴が掘られてしまっているような状態では歯を抜くという選択肢を取られる歯科医師もいらっしゃるのですが,こういったケースは再生治療の適応症です。

まだ歯を抜くのは早いと思います。


インプラント治療か再生治療かの判断に関しましては、下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

インプラントか再生治療かの詳しいページ

 

骨の再生治療によって重度の歯周病を抜かずに残せる可能性があります。歯を抜く前に再生治療も確認されることをお勧めしております。また、インプラント周囲の歯が歯周病の場合もインプラントが感染しないように周囲の歯の骨が吸収している部分の再生治療を行うことは有効な治療となります。

続きを読む 0 コメント

2015年

2月

26日

インプラントの無料カウンセリングについて

当院では2回法インプラントのみを扱っておりますが、2回法インプラントに関しましては相場より格安で治療を行っておりますので御相談をいただく事がございます.


本日紹介するご相談例は東京でお勤めの会社員の方のインプラントの相談です。


奥歯が無いまま放置して残った歯まで悪くなってしまったケースです。

 

左側の1番奥歯を1本抜いてそのままになっていて、奥から2番目は、半分歯を抜いて銀歯が入っていました。


残っている奥歯の銀歯はぐらぐらで噛めないということでしたが、抜きたくないと言う御相談でした.


左の奥歯がないので、かむ力を支えられずに歯が揺れてしまったようです。


この方のように、歯を抜いて放置しておくと残った歯に負担がかかってしまい、問題を起こす事がよくあります.歯を抜いてしまった場合、徳か無知からの強い方はかむ力を支えるためにインプラントを入れる事をお勧めします.入れ歯ではかむ力を支えられません.


そのため、奥の歯のないところはインプラントをする方法をお勧めしました。そうしないと残った歯の負担を取れないので、揺れている歯を手前の歯とつなげて固定するか、それもしたくない場合は何もしないか以外の選択肢はなさそうでした。

 

こういったケースの場合は、残っている歯に負担がかかりすぎてしまったようです。歯を残すために、歯の無い部分にインプラントを入れて咬む力を分散させる事がおすすめです。


インプラントに関する御相談はメールでもお受けしております.下記のリンクページをクリックしてご連絡ください.


インプラント治療のお問い合わせのページ

 

また、ただ今インプラント治療を希望される方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにてご希望の治療法を確認の上治療方法のご説明、お見積もりのお渡しをいたします.


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

JR神田駅北口より徒歩1分 (東京駅の隣の駅です.)

0120−25−1839

03−3251−3921

0 コメント

2015年

2月

25日

2回法インプラントは2回オペをします。

インプラントの2次オペ
インプラントの2次オペ

歯茎が少ない場合や、骨が少ない場合やきれいにインプラントを入れたい場合は2回法インプラントを使用します。


2回法のインプラント治療は、インプラントを入れる時に歯茎でインプラントを覆いますので、インプラントが骨と結合した後、もう一度歯茎を開いてインプラントに入れる土台を入れる治療を行います.

写真では、歯茎が治るまでの期間使用する土台が入っています.この上に仮歯がはいります。

 

1ヶ月程待って歯茎が落ち着き次第、インプラントの上に歯を入れます。その間は白い仮歯が入ります。


インプラントに入れる差し歯は上部構造と言っておりますが、上部構造に関しましては下記のリンクページに詳しい内容を記載させていただいております。クリックしてご覧ください。

 

インプラントの上部構造のページ

 

インプラントの土台の上には歯を入れます。奥歯なら銀でも良いと言う方はコストを抑える事ができます。白い歯にしたい場合は種類がございます。歯の部分をインプラントの上部構造と呼んでいます。上のリンクページにインプラントの上部構造のご説明を行っています。ご参考になさってください。


また、ただいまインプラント治療を希望される方に無料カウンセリングを行っております。無料カウンセリングは御予約制となっております。ご予約をお取りになってからご来院ください。

続きを読む 0 コメント

2015年

1月

24日

インプラントブログ ソケットリフトで骨の無いところにインプラントをします。

顎の骨が無いからといってインプラント治療をあきらめる必要はない事があります。

 

ソケットリフトという言葉をご存知ですか?

 

上の奥歯を抜いて長期間放置してしまったり、歯周病が重度になってから歯を抜いた場合、歯を支えているあごの骨が吸収してしまい、上あごの骨の厚みがなくなります。

 

上あごの奥歯の骨は、すぐ上が上顎洞という副鼻腔のため、あごの骨の厚みがなくなってしまうとインプラントを入れるための骨の厚みが足りなくなります。

 

そのため、上顎洞という空洞に骨を作る処置を行い十分な厚みを作ってからインプラントを入れます。

 

この方法をソケットリフトと呼んでいます。ソケットリフトに関しての詳しい内容は下記のリンクページに記載させて頂いております.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

 

ソケットリフトのページ

 

ソケットリフトを行うことで上の奥歯に骨がなくていんプラントができないと言われた方もインプラントを入れることができるようになります。

 

ソケットリフトは治療期間が通常より少し期間がかかります。4~6か月ほどかかります。

 

ソケッットリフトに関して治療ご希望の方は、まずは無料カウンセリングにお越し下さい。骨の状況を確認した上で、治療方法、治療期間のご説明、お見積もりのお渡しをいたします。

 

無料カウンセリングのお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

0 コメント

2015年

1月

21日

インプラントは保険外診療となります。

一般的なインプラント治療に関する治療費は保険外診療となります。

インプラント治療は高額となるため,インプラント保険という民間の保険もあるようです。ただ、通常インプラントやインプラントの環境を整える治療は保険外診療となります。

 

また,インプラント後のメンテナンスも保険外診療となりますし,インプラント前に入れ歯を入れたりする事に関しても保険外診療となります。これに関しましてはわかりにくいかもしれませんが、混合診療として認められていません。

 

そのため、インプラントの料金は病院によって違います。価格設定は病院ごとの自由となります.価格競争が無い地域の歯科医院は比較的料金が高く、都内などの価格競争のある地域は料金が比較的安い傾向があるようです.また、近年インプラントの相場が下がってきたのには価格競争以外にも、材料費が下がってきたなどの理由があります。


インプラントの価格の相場に関しては下記のページに詳しく考えを載せさせて頂いております.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

 

インプラントの料金のページ


また、インプラント治療をお考えの方は無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.インプラント治療を行う場合は、歯周病などのお口の中全体を確認させて頂いてからの治療説明となります.お口の中の状態に合わせていくつかのプランをご説明と料金のお見積もりをお渡しします。

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921

 

 

0 コメント

2015年

1月

19日

神田ふくしま歯科Blog 歯科用CT撮影の意味

CT撮影では、骨の立体的な状態がわかります。骨があるのかないのかはインプラント治療を行うときに重要になります。骨の厚みや高さを3次元的に確認する事が可能です.

 

そのため、CT撮影を行うことによって、骨のあるところにインプラントを入れる計画を立てることができます。インプラントの角度やインプラントの太さ・長さなどの治療計画を立てる事は、2次元のレントゲンでは難しい事でした.3次元的に骨の状態が確認できる事で治療計画がスムーズに行う事が可能になります.

 

写真では、歯のある方のCT像が写っています。歯茎などの柔らかい組織以外の骨や歯が写ります。


インプラントの歯茎が下がってしまってきている方の歯ぐきの再生治療を行う場合もCTを撮影させて頂く事があります.


歯科用CTに関しましては下記のページに詳しい内容を記載させて頂いております.ご興味のある方はクリックしてご覧ください.

 

歯科用CTのページ


また、ただいまインプラントおよびインプラントの歯茎の治療を希望される方に無料カウンセリングを行っておりますのでご利用ください.無料カウンセリングにてお口の状態を確認させて頂いた上でインプラントやインプラントの歯茎の治療に関してのご説明をいたします.治療法が選択できる場合は複数のお見積もりをお作りしてお渡しいたします.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

0 コメント

2015年

1月

03日

インプラント義歯のご紹介

今注目されているインプラント治療は、インプラント義歯です。

 

入れ歯が動いてしまう場合や、しっかりと噛めないと言う方にインプラントを入れる事で、入れ歯が安定してしっかりと噛む事ができるようになります.インプラントの本数を少なくしても入れ歯が安定しますので、ブリッジタイプのインプラントを行うより経済的にお安くなります.

 

悪い歯の本数が多い方は、1本1本の歯をインプラントに替えると治療費が高額になる上、歯の清掃性にも問題が生じてしまいます。インプラントを連結してしまうとどうしてもお掃除が大変になってしまうからです。また、オールオン4というインプラントシステムもその日のうちにインプラントと入歯までを行えますが、お掃除が大変です。

 

インプラント義歯は取り外しをすることでお口の中のお手入れも入歯のお手入れもスムーズに行えます。もちろん通常のお食事などで外れないようにしっかりとくっついているので、外す時は少し力を入れ手はずすようにクリップがついています。


インプラントの義歯の詳しいページにご興味のある方は、下記のリンクページをクリックしてご覧ください。


インプラントオーバーデンチャーのページ


また、治療を迷われている方や病院選びをされている方は、無料カウンセリングをご利用ください。無料カウンセリングにて治療方法のご説明、お見積りのお渡しをいたします。


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

0120-25-1839

0 コメント

2014年

12月

31日

オールオン4というimplantシステム

世界的にインプラント治療が一般的になってきていますが、インプラント治療の中でも全く歯のない方に対してその日のうちに歯が入るというタイプのインプラント治療があります。

 

そのimplantシステムをオールオン4と言っています。

 

オールオン4は、4本または6本のインプラントを一気にあごの骨に入れて固定させて、インプラントの上に土台を入れて歯を入れるということを1日で行います。

 

腫れるのは1回にすましてしまいたいという方に向いているのかもしれませんが、かなり腫れてしまいますので、腫れたくないという方にはお勧めしません。

 

また、全身麻酔でインプラントを行いますので、手術をしているという感じになります。

 

また、取り外しはご自身ではできませんが、歯茎のついた入れ歯のような歯を入れるため入れ歯を安定させるインプラントであるインプラントオーバーデンチャーのほうがメリットがあるような気もします。

 

インプラントオーバーデンチャーのページ


無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

0120-25-1839

0 コメント

2014年

12月

30日

インプラント後の食事についてのページ

インプラント後のお食事は注意する必要がある場合があります。


 インプラントを入れた部分で固いものや尖ったものを噛み締める事は1ヶ月は待っていただいております。


場合によってはオペを下部分の歯茎がめくれてしまう事があります。


めくれてしまったとしても大きな問題はありませんが,めくれた上に歯茎の中に入り込むような固いものを噛んでしまった場合,感染やインプラント周囲の骨の損傷を起こしてしまう事もありますので、1ヶ月はお食事を柔らかいものなどにしていただく方が良いと思います.


インプラント治療後のお食事に関しましては、下記のリンクページをご覧ください.

 

インプラント後のお食事のページ


お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F 

0120−25−1839

0 コメント

2014年

12月

28日

インプラントを入れる前にCTを撮影すると周りの状況もわかります.

インプラント治療を行う前に骨の状態をCTにて確認しております.歯科用のCTは3次元的に骨の内部の状態を知る事ができますので、インプラント周囲の歯の状態もあわせて確認する事ができます.

 

インプラントをする事になった原因が歯周病の場合などは周囲の歯の歯周病の進行状態を確認する事で、歯周病の治療の必要性や、治療方法の具体的なご提案をさせていただく事ができます.また、インプラント周囲に歯の根っこの先に炎症がある歯がある場合、インプラントを入れる前に消毒をする必要がありますが、通常のレントゲン写真では骨の吸収が小さいとわからない事もあり,CTを撮影した機会にしっかりと確認する必要があります.

 

歯科用のCTは被爆線量が少ないタイプのCTですが,何度も撮影する必要はありませんし、できる事ならあまり何度も撮影しない方が良いので、インプラント治療などどうしても撮影しなくては行けない時に撮影して確認するのが体に良いのかと思います.

 

インプラント専門医の場合,CTを撮影しても周囲の歯の治療を行和無い場合が多いようですので、歯周病の検査のために再度別の医院で撮影し直す事になってしまう事もあります.

 

そのため,インプラント治療は総合的に歯科治療を行っている歯科医院で治療をする事をお勧めしております。


インプラントのCTのページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

0 コメント

2014年

12月

27日

抜歯後のインプラント治療について

歯を抜いた後のインプラント
歯を抜いた後のインプラント

歯を残せなくて歯を抜く場合,歯を抜くと同時にインプラントを入れる方法があります.抜歯即時インプラントと言う方法です.

 

この方法は治療期間を短縮する事が可能な為によく行います.通常抜歯後2〜6ヶ月程歯茎が治るのを待つった後にインプラント治療を行いますので、抜歯即時インプラントは通常のインプラントと比較して2〜6ヶ月期間が短縮します.

抜歯即時インプラントを行うためには条件があります。

 

歯の周囲にしっかりと骨が残っていると言う事が最も重要な条件になります.そのため、歯を抜く時に周囲の骨を損傷しないように丁寧に抜く事が必要になります.周囲の歯の骨をしっかりと残して歯を抜く事ができたら、インプラントを歯を抜いた穴に入れます.

 

歯を抜いた穴は血の固まりで満たしますが、強いうがいや固い食べ物を食べる事で血の固まりが取れてしまい、感染を起こしてしまう事がありますので、歯を抜いた後は血の固まりが安定するように生活していただく必要があります.これはインプラントを入れない場合も同じです.

 

インプラント治療のながれについてのページ

0 コメント

2014年

12月

24日

インプラントの利点 噛みやすくなる

より簡単に食べ物を食べることができます。



インプラント治療を行って喜ばれるのは、入れ歯からインプラントに変えたときという場合が多いようです。インプラントは天然の歯と同じようにかむことができるということで喜ばれることが多いように思います。

 

スライドする総入れ歯は、噛むことを難しくします。インプラントはあなた自身の歯のように機能します。また、安心して、痛みなしであなたの大好きな食品を食べることができます。

 

インプラントはずれたりすることがありませんし、天然の歯と同様の感覚で食事をすることができます。

 

これは、インプラントが直接骨に結合しているためです。インプラントの場合,噛む力が骨に伝わります.

 

インプラントのページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921

 

 

0 コメント

2014年

12月

23日

もう歯を抜いてインプラントしかないとあきらめる前に

歯を抜いてインプラントしかないとあきらめる前に
歯を抜いてインプラントしかないとあきらめる前に

虫歯が進行して、歯が歯ぐきの中に潜ってしまうくらいの虫歯になってしまっている・・・という事がしばしば見られます.

 

この段階になって、やっと歯科治療をする気になってももう遅いと言う事はありません.(放置するともっと悪くなります)この段階で治療する気になってよかったと考えてよいと思います.

 

例えばお写真の歯のように歯ぐきの中に潜ってしまって歯が見えなくなっている場合でも、抜いてインプラントを入れる必要がない場合もあります.歯の根っこの健全な部分が歯の内部に十分残っている場合は、歯を抜かずに残せる可能性があります.

 

まずは、歯を抜いてインプラントとあきらめる前に歯を残す治療をご検討される事をお勧めしております.

 

インプラントにならない歯科治療のページ

 

ただいま、大きな虫歯を抜いてインプラントをしようとお考えの方にたいして、初回無料カウンセリングを行っております.ご希望の方はご連絡ください.

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

03−3251−3921

0 コメント

2014年

12月

22日

多くの方は、取り外さないでよいインプラントを使用しています.

入れ歯からインプラントに変えたいとお考えの方の多くは、取り外さなくて済む歯を入れたいとお考えです.

 

外してある入れ歯を見てきれいだと思う方はほとんどいらっしゃいません.むしろ、汚いものと思ってしまいます.インプラントにする事で、取り外さずに済むと言う事は自分以上に周囲の方にとっても良い事です.

 

インプラントと言うとどのような構造を想像されますか?

 

ほとんどのインプラントはセメントやねじで差し歯の部分をくっつけますので、ご自身では取り外すことができません。つまり、通常の差し歯と同じように固定式となります。

 

歯がない場合に入れ歯を入れるケースもありますが、入れ歯は取り外して使用していただきます。インプラントやブリッジは取り外さなくて済む利点があります。ただし、取り外さないために、お口の中でしっかりと磨いてきれいにする必要があります。

 

また、無い歯の本数が多い場合は、インプラントオーバーデンチャーと言って、インプラントに留金を付けて入れ歯を引っかけて取れなくする方法がありますが、この方法を行った場合は、入れ歯を取り外して清掃をする上、お口の中のインプラントの留め金も磨く必要があります。

続きを読む 0 コメント

2014年

12月

15日

海外に行かれる方のインプラント治療

最近海外に長期で行かれる方が増えてまいりました。日本国内でしたら引っ越しをされてもインプラントのメンテナンスに困ることはなかったのですが、海外製のインプラントはしばしば国内で流通していないインプラントであることがあります。

 

インプラントは工業製品ですので、ねじの規格などある程度の共通規格であることが多いのですが、海外の製品の中には規格の異なる場合もあり、治療途中の場合や、修理が必要な場合に部品の取り寄せから必要になってしまうことがあります。

 

また逆に日本の規格のものが海外で通用しない場合もあります。そのため、海外に行かれる場合は世界的に流通しているタイプのインプラントを使用したほうが良いかもしれません。

 

 お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

0120-25-1839

03-3251-3921

 

0 コメント

2014年

12月

14日

骨粗鬆症の薬とインプラントに注意

骨粗鬆症の薬に、ビスフォスフォネート系薬剤というものがあります。この薬が、近年あごの骨を壊死させるきっかけになるとして注目されています。

 

特にこの薬を長く使用されている方の歯の治療は気をつける必要があります。インプラントを含めた外科処置、口内炎、合わない入れ歯などが容易注意です。

 

日本では多くの方が使用されていますので、インプラントや、親知らずの抜歯など外科的な処置を行う場合、あらかじめおつたえください。

 

骨壊死は起こってしまうと非常に治療が大変なことになります。そのため、骨粗鬆症のためのカルシウム剤を使用している方、あるいは治療中に服用し始めたという方もしっかりとお伝えください。

 

その他お薬の注意

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

0 コメント

2014年

12月

09日

歯周病の治療をしてからインプラントを入れると長持ちします。

これは、注意というより警告です。歯周病治療がひと段落つくまではインプラントを入れないでください。

 

最近、インプラント周囲炎といって、インプラントの炎症が問題になっています。インプラントを入れても定期的にお掃除をしてない方や、歯周病の炎症を残したままインプラント治療を行った場合に、インプラント周囲炎は起こりやすいようです。

 

特に、周りの歯が歯周病の場合,歯茎の中まで歯周病の細菌が繁殖していますので、歯周病をしっかりと治すことでインプラントに炎症が起こる原因を少なくします。

 

インプラントの専門医のところでは歯周病の治療を行っていないか、歯周病の理解が無いことが多いので、しっかりと麻酔などをして歯茎の中の歯石をお取りすることが、インプラントを長持ちさせるために重要になります。

 

インプラントと歯周病のページ

 

周囲の歯が歯周病の状態でインプラントを行った場合、インプラント部分の歯茎も下がってしまう可能性があります。歯周病で骨が吸収してしまっている場合は特にしっかりと歯周病の治療を行う必要があります。通常歯周外科処置を行って歯茎の中に入り込んでしまった歯石をきれいにお取りします。最近はやっている治療ですが、歯周病をお薬で治すということを言っていることがありますが、お薬だけでは歯周病は治りません。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

0 コメント

2014年

12月

08日

骨のない時のインプラント 骨を作るってご存知ですか

インプラント治療をしたいと考えて歯科医院に相談に行ったけど、骨がないからインプラントが難しい・あるいはできないと言われたことはありませんか?

 

インプラントを行う場合、何らかの原因で歯を抜いています。歯周病などの炎症性が歯を支えるあごの骨に広がって、あごの骨が吸収してしまった状態で歯を抜いた場合は、歯を抜いた後にあごの骨がなくなってしまうことがあります。こうした場合、そのままの状態でインプラントを入れることができないことがあります。

 

インプラントは顎の骨に囲まれている状況で機能するものですので、骨が十分でない場合、インプラントを行う前に骨を作る必要があります。

 

 つまり、インプラントを入れる予定の部分の周囲に十分骨が無い状態だと、そのままではインプラントを入れることができません。

 

インプラントを入れる予定の部分に骨を作る必要がありまが、この方法をGBRとも言っています。骨を作ることでインプラントを安定させることが目的となります。

 

上の歯の奥歯の部分の骨がない場合は、ソケットリフト・サイナスリフトといって、上あごの空洞の中に骨を作ります。

 

骨の厚みや高さかない場合にもGBRを行います。場合によっては大掛かりな処置になることもあります。

 

また、最近では短いインプラントでも十分機能することがわかっていますので骨の高さが無い場合は骨を作らずに短いインプラントを入れることも多くなってきています。

 

骨のないときのインプラント治療のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

0120-25-1839

0 コメント

2014年

12月

04日

インプラントの利点 話しやすさが改善します。

入れ歯を使用している方の話が聞こえにくい場合があります。これは、人工の歯茎が厚いため、発音の際に下が入れ歯の歯茎にぶつかって舌ったらずな感じに聞こえてしまうなどの事があります。

 

また、入れ歯が動いてしまう場合はより発音しにくくなります。入れ歯を抑えるように筋肉を動かしながら発音をするため通常よりほっぺたに緊張した状態のぼそぼそした発音になります。

続きを読む 0 コメント

2014年

12月

03日

一般的に使用されるインプラントは2回法インプラントです。

インプラント治療を行う場合、インプラントの種類が大きく分けて2種類あります。1回法のインプラントと2回法のインプラントというものがあります。1回法のインプラントはお値段が安い場合が多いのですが、歯茎や顎の骨の条件がかなり良い場合以外は通常2回法のインプラントを使用することになります。

 

2回法は外科手術を2回行うため、麻酔処置を行ったりする意味で体に負担はかかりますが、インプラントに負荷をかけずにインプラントがしっかり定着してから人工歯を取り付けるため、ほとんどのケースで治療が可能です。また骨が少ない人は2回法で治療することになります。

  1回法のインプラントではほんの少し短期間で治療できるメリットがありますが、骨がしっかりしていて硬いことが前提となるため、誰でもできるというわけではありません。また、即時にインプラントに負荷をかけた場合成功率が下がってしまいます。

 

 当院では、今のところ1回法のインプラントにはあまりメリットを感じないため、すべてのケースで2回法のインプラントを使用しております。

 

2回法インプラントのページ

 

無料カウンセリングお問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F スターバックス上

0120-25-1839

03-3251-3921

0 コメント

2014年

12月

02日

2回法インプラントBlog 歯を抜いた後は歯茎も歯の骨も吸収してしまいます.

歯を抜いた後の骨と歯茎の吸収
歯を抜いた後の骨と歯茎の吸収

歯を抜くと歯を支えている骨が吸収してしまいます.骨の吸収に伴って歯茎も吸収します.

 

お写真は典型的な歯を抜いて放置していた状態の歯茎です.周囲の歯茎より窪んでしまっているのと歯茎の高さも低くなっています.

歯茎の内部の骨も吸収しているためインプラントを行う場合,骨の厚みがしっかりと残っているか歯科用CTを撮影して確認する必要があります.

 

歯茎が薄いため、2回法のインプラント治療を行う事になります.歯茎や骨を増やす必要がある場合もあります.


2回法インプラントのページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F 

03−3251−3921

0 コメント

2014年

12月

01日

インプラントの利点 自尊心

改善された自尊心。

 

歯が無いという事はおそらく歯のある方が想像している以上にコンプレックスを感じるものです.これは、髪の毛や体型などと同様に、平均的にあるべきものが無いという事がコンプレックスになる事があります。

 

歯が無いってことはどうでしょうか?歯がしっかりある健康な人が普通であったのに、歯が無くてしっかりとものを食べれない様になった場合、体の衰えを感じてしまうかもしれません.

 

インプラントはあなたにあなたの微笑・自尊心をとりもどします。また、あなたがあなた自身について前より良いと実感することができます。

 

しっかりと食事をする事ができなかった方は、インプラントによって、歯の健康を実感できるようになります。インプラントは天然の歯と同様に機能しますので、入れ歯とは格段に咀嚼のしやすさが良くなります。

 

インプラントの利点のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F スターバックス上

0120−25−1839

0 コメント

2014年

11月

30日

インプラントと入れ歯の比較 見た目

改善されたお口の中の歯を演出します。

インプラントを見ていただくと、あなた自身の歯のような感じがします。そして、骨と融合するようになっているので、インプラントの見た目は永久になります。

 

部分入れ歯では自分の歯と入れ歯の境界がわかってしまうことが多く、歯の悪いイメージが出てしまいます。金属のワイヤーが見えてしまったり、歯茎の部分の色が合わなかったり、出っぱって見えてしまう事がよくあります。

 

インプラントと入れ歯の見た目のちがいはすぐに分かる程度の大きなちがいになります。

 

インプラントの利点のページ

 

入れ歯を安定させるために入れ歯の内部にインプラントを入れて安定させる方法もあります.

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921

0 コメント

2014年

11月

29日

インプラントは入れ歯に代わる人工の歯です。

口腔環境に対する意識の改善にもかかわらず、何百万もの日本人は、歯に損失が出ます ― 大部分は虫歯、歯肉炎(歯肉病)または事故により。長年、欠如した歯の人々が利用できる唯一の治療の選択肢は、ブリッジと総入れ歯でした。しかし、今日、インプラントを利用できます。

 

インプラントは利点の多い治療法です。

最近、日本ではインプラントの事件などもあり、インプラントに疑問を持たれている方もいらっしゃいますが、通常にインプラントを行う場合は、非常に有効な治療と言えます。世界的に多くのインプラント治療が行われています。

 

インプラントの利点のページ

 

インプラントの応用範囲は広がってきており、入れ歯を安定させるインプラントなど、費用的に安くすむ方法や、審美的なインプラント治療を行うことも可能になってきています。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921

0 コメント

2014年

11月

28日

ソケットリフトという言葉の解説

ソケットリフト法はインプラントを行うときの骨の増骨方法の一つです。同じような増骨方法にサイナスリフトという方法があります。そのため、ソケットリフト法とサイナスリフト法を比較して説明することが多いと思います。

 

具体的には以下の通りです。

 

ソケットリフトは、サイナスリフトと同様に上あごの骨がないときの増骨方法である上顎洞底挙上術の方法です。
・インプラントを埋入する位置に、上の顎の骨を厚み約1mm残し人工の骨を入れる穴を開けます。
・専用の器具(オステオトーム)で槌打し、人工の骨を入れて骨のないところの鼻の粘膜を押し上げます。
・そして、器具で骨を押し上げ粘膜を拳上し、骨移植材を注入し、インプラントを埋入して完了です。
・サイナスリフトは空洞が1~4mmの場合に行いうのに対して、ソケットリフトは4~7mmの場合に行います。また、骨の薄い場合インプラントを入れるのを6ヶ月待つこともあります。
・ソケットリフトとサイナスリフトの違いは、インプラントを埋入する部分から押し上げるので、傷口が小さくて済むということです。

 

ソケットリフト

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3-2-6F

0120-25-1839

03-3251-3921

続きを読む 0 コメント

2014年

11月

26日

インプラントの上の被せものをつなげる場合について 日々のお掃除が重要になります.

奥歯が何本もない場合、インプラントを何本か複数入れることがあります。インプラントを複数本入れる場合インプラントの上に入れる歯をつなげることが一般的です。複数本つなげることでインプラントの咬む力に対する抵抗力がつくためです。

 

ただ、歯ブラシがしにくくなりますので、いろんな清掃用具を使用して歯ブラシをして頂くことになります。インプラントもしっかりと磨かないと悪くなってしまいます。

 

インプラントを連結する場合は、通常の歯と同じ形にならない場合が多いので、定期的にメンテナンスに行くことをお勧めします。インプラントのクリーニングは保険外診療となりますのですが、数千円で済みます。インプラントを長持ちせせるためにメンテナンスは重要になります。

 

インプラントのつながっている部分は日々のお手入れでスーパーフロスや歯間ブラシなどを使用して磨かないとインプラント周囲に歯石が付いて炎症を起こしてしまう原因になってしまいます.

 

インプラントのページ

 

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921

0 コメント

2014年

11月

25日

ソケットリフトで骨のないところにインプラントをできます。

骨がないからとインプラントを断られた方には朗報かもしれません。

上あごの骨がない場合、ソケットリフト法で骨を作ってインプラントを行うことができます。

 

ソケットリフト法は上あごの骨の再生手術のひとつで、口腔内から上顎洞底部を持ち上げて隙間を作り、骨移植や再生療法で骨増成を誘導する治療法です。上顎の骨に垂直に穴を開けてインプラントが入るだけのスペースを作り、作ったスペースに骨造成してインプラントを支えます。

 

ソケットリフト法は他の骨の再生法に比べて腫れや痛みの出にくい処置です。

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921

続きを読む 0 コメント

2014年

11月

21日

2回法インプラントブログ 歯科で使用されているインプラントについて

歯科インプラントは、通常で作られた"ルート"デバイスであるチタンで使用、 歯科欠損歯を取り替えるために歯の歯またはグループに似て修復をサポートする。

 

事実上、今日置かれたすべての歯科インプラントは根形骨内インプラント 、すなわちである、彼らは実際の歯根(したがって"根形"を持っている)のように表示されると( "のためのギリシャ語の接頭辞遠藤ビーイング骨内に配置されています"とを参照して骨の "骨")。 顎の骨が受け入れosseointegratesチタンポストと。 オッセオインテグレーションは周囲の骨とインプラント表面の融合を意味します。 歯科インプラントは、骨と融合しますが、彼 らが欠けて歯根膜を 、ので、彼らは咀嚼中に天然歯とは少し違う感じがします。

 

根形骨内インプラントの出現の前に、ほとんどのインプラントは、いずれかのブレード骨内インプラントされたことで、骨内に配置された金属片の形状は、フレームワークが上に横たわるように構築された、フラットブレード、または骨膜下インプラントに似て、顎の露出した骨にネジで取り付けた。

 

歯科インプラントは歯科補綴を含め、多数のサポートするために使用することができ冠 、 インプラント支持ブリッジや入れ歯を 。 [1]彼らはまた、歯列矯正歯の移動のための足場として使用することができます。 歯科インプラントの使用は相互作用せずにundirectional歯の移動を可能にします。

 

Wikipediaより

 

インプラントの説明をウィキペディアの英語版を自動和訳して見ましたが、難しすぎて解りにくいのではないかと思って書いてある事を解説しようと思います。

 

歯科用インプラントは人工の歯の根っこをチタンで作成した物で、差し歯や入れ歯を入れる土台となります。

 

現在使用されているインプラントの形は天然の歯を模倣した棒状の形をしています。インプラントと骨の結合様式をオステオインテグレーションと言っています。天然の歯がコラーゲン繊維の歯根膜を介して骨と結合しているのに対して、インプラントは直接骨に結合しているため、インプラントは食事を咬んでいる時に食感が変わる感じがするのではないかと書いてます。

 

インプラントの歴史の中で、フレーム状や板状のインプラントも行われていました。

 

インプラントは差し歯や入れ歯の土台として利用される以外に矯正治療中の固定源としても利用されます。

 

と書いてあるようです。ご参考になさってください。

 

インプラントの利点のページ

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

03−3251−3921

0120−25−1839

0 コメント

2014年

11月

17日

2回法インプラントの新しい料金表 まだ高いインプラントで損しますか

2回法インプラントの価格を改定しました。

インプラント材料費の低下に合わせてお値段を修正しました。

続きを読む 0 コメント

2014年

11月

16日

2回法インプラントBlog ソケットリフトで骨の無い所にインプラント

ソケットリフトという言葉をご存知でしょうか?

 

ソケットリフトは上あごの骨を作ってインプラントを入れる時の、腫れの少ない増骨法として知られています.骨を作ってからでないとインプラントを入れられないケースでもインプラント治療を行う事が可能です.

 

ソケットリフトは人工の骨を骨の無い所に押し込んで骨を作る方法です.他の増骨法に比べて歯茎をめくる量が少なくて済むため、腫れも少なくて済みます.

 

ソケットリフト

 

ソケットリフトの方法は年々新しい方法が開発されてきています.より侵襲の少ない増骨方法が出てきています.上あごの骨がなくてインプラントをあきらめていた方には朗報でしょう.

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921

続きを読む 0 コメント

2014年

11月

14日

2回法インプラントBlog ソケットリフトの注意

上あごの骨の無い時に鼻の奥の空洞に骨を作る方法にソケットリフトという方法があります.骨を作って上で2回法インプラントを行うか骨を作るのと同時に2回法インプラントを入れます。

 

比較的用容易にあごの骨が作れる処置ですのでよく行います.

 

ソケットリフトを行う場合、治療後に鼻をかんだりして圧をかけないように注意する必要があります.花粉症の季節などでもくしゃみを我慢して息をこらえることはしないようにしていただきます.圧がかかるとインプラントのつきが悪くなる可能性があります.

 

ソケットリフトのページ

 

通常一般的に、ソケットリフトを行うケースでは2回法のインプラントを使用します.骨を作る方法を行う場合は歯茎の内部にインプラントを覆うようにする必要がある事が多いためです.

 

お問い合わせ

神田ふくしま歯科

東京都千代田区神田鍛冶町3−2−6F

0120−25−1839

03−3251−3921

続きを読む 0 コメント