ブログカテゴリ:骨のないときのインプラント



CT画像
さすがに最近CTを取らずにインプラント治療を行う病院は少なくなって来ていますが,インプラント治療の安全性を確認するためにはCTを取る事が大切になります.
インプラント治療は、顎の骨がある所に人工の歯の根っこを入れる治療になります。そのため、治療前に顎の骨の厚みや幅を確認しておく必要があります. 骨の幅や厚みが足りない場合は骨を増やしてからインプラントを行う場合もあります.また、骨を増やす処置といプラントを入れる処置を分けて行う場合もあります. インプラント治療前に歯科用のCTにて骨の状態の確認をする事で治療時間の短縮にもなります.
歯を抜いてしばらく放置していた方、歯周病や炎症で歯を抜く前に歯を抜くのを我慢してしばらく経過を見ていたと言う方は歯を抜いた後に顎の骨が大きく吸収してしまっていることが普通です。 場合によっては、インプラントを入れるだけの顎の骨の幅も高さもないことがよくあります。 こういった場合は、インプラントを入れる前、あるいはインプラント同時に顎の骨を作る治療をすることになります。
骨の厚みや高さが十分ある状態の場合は、どのようなインプラントでも良い結果が出ますが,骨の無い時のインプラント治療を行うさいは骨を誘導するタイプのインプラントの方が治療の結果が良くなります. そのため、あらかじめ治療の計画を立てる段階でインプラントの選択を骨の状態によって決めさせて頂いております. 骨の状態を確認するためにCTは必要な検査となります.
インプラントと歯周病 · 13日 5月 2019
インプラントをこれからされる方,インプラントを既に入れられた方、歯周病には要注意です. インプラントになった後も歯周病になってしまう場合があります.インプラントの歯茎が下がってインプラントの金属が露出してしまう事もあります.歯周病の管理が重要になります.
歯のひび
歯を抜く場合の多くは歯が炎症を起こしています.歯の周囲の骨が吸収しておりますので、安易に歯を抜くと骨が無くなってしまい,その後インプラントを行うのが非常に難しくなります. 炎症を起こしてしまっているケースは炎症を引かせてから歯を慎重に抜いていきます.根っこの先の炎症が大きい場合は、あらかじめ歯の根っこの内部の消毒を行って落ち着いてから歯を抜く事もあります.
インプラント治療を行う際にCTを撮影する事は非常に一般的になって来ています.むしろCTを取らずにインプラント治療を行うのはあまり一般的ではない事になって来ています. 当院では院内でCTを撮影する事が可能ですので、特別な病院に行って撮影するのではなく、通常のレントゲン検査と同じようにCTを撮影する事が可能です. 歯科用のCTは医療用の物に比べて被爆線量が何十分の一というレベルです。また、通常の全体的なレントゲンんとあまり変わらない被爆線量で撮影が可能です。もちろんデジタル撮影を行いますので、画像はしっかりと保存され見やすい画像となります.
歯を抜いた後のインプラント
歯にひびが入って完全に歯が割れてしまっている場合など、歯を残す事が難しいケースがあります.こういったケースでは、歯を抜く時に慎重に歯を抜いて歯の周囲の骨にダメージを与えないようにする必要があります. 歯を抜く場合は、あらかじめその後の治療がインプラントなのかブリッジなのか入れ歯なのかを決めておく必要があるのは、インプラントを入れる場合は、歯を抜く際に相当慎重に行わないと顎の骨が吸収おこってしまい、インプラント治療を行う際に骨を増骨したり、または、インプラントが打てないと言うことも起こってしまうかもしれません.
インプラント価格 · 22日 4月 2019
当院のインプラントは歯茎と骨の状態によって 3種類のインプラントをご用意いたしております。
インプラント の歯茎 · 18日 4月 2019
インプラントの歯茎が下がる
最近、インプラントの周囲の歯茎が黒く見えないようにジルコニアアバットメントという白いインプラントの土台がしばしば使用されるようになってきています。 たしかに、白いアバット面とを使用したほうが、インプラントを入れた歯の歯茎が黒くなりにくいため、審美的に有利だと思います。 しかしながら、歯茎が下がってしまった場合、ジルコニアアバットの土台を入れても目立ってしまいます。 インプラントの歯茎が下がらないように丁寧にケアをする必要がありますし、歯茎が下がってしまったら歯茎の再生を早めにされることをお勧めしております。

さらに表示する