ブログカテゴリ:2回法のインプラント



インプラントと歯周病 · 13日 11月 2019
あなたは歯周病で歯を抜くことになってしまった場合、インプラントが歯周病にかかってしまう可能性が高くなってしまいます。 インプラント治療をする前に歯周病治療を終えることが大切になります。
インプラント価格 · 12日 11月 2019
ご存じない方もいらっしゃるようですが,インプラントを人工歯根として使用した場合,上に入れる差し歯や入れ歯が保険外の治療となります.
インプラント治療の流れ · 11日 11月 2019
CT撮影をご存知でしょうか? 最近、歯科用のデンタルCTという物が普及したため、何でもかんでもCTを撮影するという風潮が出てきてしまっているように感じます。
インプラント治療の流れ · 09日 11月 2019
あなたは、どういう理由で歯を抜いたのですか?歯が残せないような状況で炎症が強い場合、治療期間が延びる事があります. 歯が折れてしまったまま放置していた、根っこの炎症が大きくなって歯が揺れている場合など、炎症により骨が非常に大きく吸収してしまっている場合があります。 インプラントは、基本的に骨のあるところや将来的に骨ができる予定のところにいれます。そのため、大きく骨が吸収して骨ができる予想が立ちにくい場合は、骨ができるのを待って、骨が足りない場合は骨を作ってインプラントを行います。
インプラントの種類 · 07日 11月 2019
2回法インプラント
なぜ2回法のインプラントをお勧めするのでしょうか? 多くのインプラント治療では、骨が吸収してしまっていますので、インプラントと同時に骨を作る必要があります。骨を回復させないとインプラント周囲がくぼんでものが挟まりやすくなってしまったり、お掃除がしにくくなってしまい、インプラントが炎症を起こす原因になってしまうことがあります。 そのため、2回法インプラントはインプンラント治療後の歯の環境を整える上で有利なインプラントと言えます。
インプラントの種類 · 04日 11月 2019
インプラント治療を行う場合,2回法のインプラントをする場合が多く、主流になっております. インプラント治療を行う場合、健全な歯を抜くことはありませんので(一部の歯科医院では残せる歯を抜いてしまっているようですが、、、)骨が炎症などで吸収している場合がほとんどです。そのため、骨の厚みや歯茎の厚みが十分でないことや、形が悪いことが良くあります。
上の奥歯を抜いて、もう数年たっています。という方のインプラントは、骨がなくて難しい場合があります。 これは、歯を抜いた後に、骨の厚みも高さも吸収してなくなてしまうためです。 そのため、インプラントをすると言っても、すんなりとできない場合があります。場合によっては担当するドクターにインプラントはできませんと言われてしまうかもしれません。 歯を抜いてしばらく放置していた方が、一念発起してインプラントを入れようとした時に、骨が吸収して無くなってしまっている場合がある為、骨を作ってインプラントを行なっている歯科医院でインプラント治療を行うことになります。 歯科医院によっては、インプラントが打てないという選択をすることになる場合もあるようです。ご相談されると良いと思います。
骨のない時は2回法インプラントを使用します。 ソケットリフトという言葉をご存知でしょうか? 上あごの骨が薄くなってしまっている場合、骨を作ってインプラントを入れる方法としてソケットリフト法があります。ソケットリフトでは2回法のインプラントを使用します。
上の奥歯を抜いた後放置しておくと、骨がどんどん薄くなってしまいインプラントを入れるための厚みが無くなってしまうことがあります。 こういった骨の無い場合はインプラントの適応でないという判断をしていた時期もありました. 現在も病院によっては骨の無い部分にはインプラントができないと言われてしまう事がありますが,骨を作ってインプラントをする事ができる病院が増えて来ています.
インプラントの種類 · 28日 10月 2019
近年骨が無くてもインプラントを行えるようになって来たのは、失われた骨を再生して骨を作れるようになって来たためです. 骨を誘導しやすいインプラントがHAインプラントです. あなたの顎の骨がない場合に相性の良いというインプラントのご紹介です。

さらに表示する