骨のない時のインプラント治療

入れ歯が合わなくてインプラントにしようと思っていたのに、骨がないからインプラントができないと言われてしまっていた方には朗報かもしれません。 骨がなくなってしまった部分に骨を作る技術が再生材料の改良によって比較的容易に行うことが可能になってきました。骨の厚み、高さがない場合に、骨を作成してインプラントを行うことが多くなってきています。
顎の骨が無いなら作りましょうと言う時代になってきています.従来骨が無くなって治療が出来なかったケースでも骨を作ってインプラント治療を行う事が可能になってきました. 骨がない時に骨を作る治療を骨再生・GBRと呼んでおります.歯を抜いた後あごの骨が吸収してしまった場合や、歯周病などで骨がなくなってしまっているケースで、骨を作る必要がある場合GBRを行います。 ほんの少しでも骨が足りない部分のインプラント治療は2回法のインプラントを行う必要があります。そのため、当院では2回法のインプラントのみを使用しております。
顎の骨のない方は将来的に入れ歯が合わなくなります.骨を作ってインプラントを行っておく事で将来的にしっかりと奥歯でものを噛める状態を維持する事ができます. 上のあごの骨の厚みのない奥歯に人工の骨を入れてインプラントを入れる方法をソケットリフトといいますが、この方法により、上あごの骨のない方でもインプラントをすることが可能になります。 歯を抜いた後しばらくすると上あごの骨の厚みがなくなってきますのでそのままではインプラントを入れられない場合がよくあります。特に、歯周病が進行した歯を抜いた場合、歯周病で歯の周りの骨がないために、通常よりも骨の厚みが少なくなってしまいます。 こうした場合に、簡単にその日のうちに骨を作ってインプラントを同時に入れることができる方法がソケットリフトです。 もちろん、適応症がありますので、まずはご相談ください。
上の奥歯を抜いて、もう数年たっています。という方のインプラントは、骨がなくて難しい場合があります。 これは、歯を抜いた後に、骨の厚みも高さも吸収してなくなてしまうためです。 そのため、インプラントをすると言っても、すんなりとできない場合があります。場合によっては担当するドクターにインプラントはできませんと言われてしまうかもしれません。 歯を抜いてしばらく放置していた方が、一念発起してインプラントを入れようとした時に、骨が吸収して無くなってしまっている場合がある為、骨を作ってインプラントを行なっている歯科医院でインプラント治療を行うことになります。 歯科医院によっては、インプラントが打てないという選択をすることになる場合もあるようです。ご相談されると良いと思います。
骨のない時は2回法インプラントを使用します。 ソケットリフトという言葉をご存知でしょうか? 上あごの骨が薄くなってしまっている場合、骨を作ってインプラントを入れる方法としてソケットリフト法があります。ソケットリフトでは2回法のインプラントを使用します。
歯を抜いた後、時間とともに顎の骨が退化して細く・薄くなっていくことが知られています。 インプラントを長期的に安定した状態で行うためには十分な骨があることが望まれます。骨を作るのと、インプラント周囲の骨がインプラントと接着することは、インプラントが長持ちするために重要な要素となります。
上の奥歯を抜いた後放置しておくと、骨がどんどん薄くなってしまいインプラントを入れるための厚みが無くなってしまうことがあります。 こういった骨の無い場合はインプラントの適応でないという判断をしていた時期もありました. 現在も病院によっては骨の無い部分にはインプラントができないと言われてしまう事がありますが,骨を作ってインプラントをする事ができる病院が増えて来ています.
薄い骨を厚くする治療方法のご紹介です. 10年ほど前だと、上顎の奥歯に骨がない場合は、入院して腰の骨を移植するとか、あるいはインプラントはできないと言われてしまっていたかとおもいますが、骨を再生させる技術が年々改善されてきていますので、それほどおおごとな処置をしなくても骨を再生させることができるようになってきました。 今回ご紹介するソケットリフト方は、お痛みの少ない簡単な骨の再生治療法のひとつです。
歯が抜けたからと言って安易にインプラントを行うとインプラント部分の差し歯が長い歯になってしまうことがあります。 特に前歯の場合、見た目も悪く、インプラントにしなきゃよかったということになる場合もあります。 長い歯にしたくない場合は、骨を作ってからインプラント治療を行うことになります。ただ、骨を作る治療は非常に難易度の高い治療となります。 場合によってはインプラントを使用しないでブリッジ治療にすることをお勧めする場合もあります。
インプラントをしたいと思っても顎の骨がないという事でインプラントが難しいと言われた事はありませんか?  歯を抜いて長期間放置してしまった場合や、歯周病など炎症のある状態の歯を長期間放置してしまっていた場合に、顎の骨が吸収して骨が少なくなってしまいます。 インプラントを行うにはあごの骨が必要ですので、顎の骨が吸収してしまった場合はインプラントを諦めるか、顎の骨を再生させてインプラントを入れるか選択する事になります。 顎の骨を再生させる事ができるという歯科医院はそれほど多くないので、骨の再生治療を希望される場合は確認をする必要があります。

さらに表示する